まちおこしイベントに演劇団体が参加

2015.04.14

演劇ユニット ゆかいな仲間たち+(大分)が、4月18日(土)~19日(日)に大分市金池南の大分ホルトホール前のいこいの広場で開催される「おおいたつくり手フェスタ vol.4」にて、童話や詩の朗読などを披露する。

おおいたつくり手フェスタ vol.4

今回で4回目を迎える「おおいたつくり手フェスタ」は、大分の食や農を通じて「つくり手」を応援するという趣旨で開催されているイベント。「食」や「農」をテーマとしたイベントに演劇団体の参加は意外だが、公演発表を行う演劇団体も、ものづくりを行うという点で共通しているという点から、参加に至ったとのこと。

6月に初の本公演を控えている演劇ユニット ゆかいな仲間たち+。このイベントでは、大分県出身の児童文学作家であり詩人でもある後藤楢根の作品、童話「千里眼」、詩「思ったこと」の朗読を行う。

イベントのスケジュールなど詳細は、電話:090-5934-0984(演劇ユニット ゆかいな仲間たち+ オノ) まで。


おおいたつくり手フェスタ vol.4

日時:2015年4月18日(土)・19日(日)10:00〜16:00
会場:大分ホルトホール前 いこいの広場(大分市金池南1丁目5-1)

【関連サイト】
演劇ユニット ゆかいな仲間たち+(Facebookページ)
おおいたつくり手フェスタ vol.4

演劇ユニット ゆかいな仲間たち+

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket