第3回みやざき岡田心平演劇賞受賞者決定

2015.04.20

劇団ゼロQ(宮崎)が設立したみやざき岡田心平演劇賞。第3回の受賞者が決定した。

個人部門はtick tack parkの吉丸裕美。昨年、宮崎県内の舞台に多く出演、8月に上演された宮崎県演劇協会創立25周年記念企画『波の上の青い島』での熱演が印象的だったため。また、吉丸は3月に「tick tack park」を立ち上げ、「2人の役者・5人の演出家」という新たな試みに挑戦したことも評価された。

公募による戯曲部門では、大浦太輔作『かぶき橋物語』が受賞。江戸時代の都城を舞台にした作品。「歌舞伎を観たい」という殿様の願いを叶えようと、都城ならではの歌舞伎を作ろうとする物語で、審査のための試演では、劇団員の笑いが絶えなかったという。

今後、岡田心平演劇賞の公演が予定されている。詳細は劇団ゼロQ公式サイトまで。

【関連記事】
宮崎にちなんだ戯曲を募集

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket