ベストセラー作家の長編小説が世界初の舞台化

2015.05.14

フェルディナント・フォン・シーラッハの最新長編小説「禁忌」を舞台化した『TABU~シーラッハ「禁忌」より~』(原作:フェルディナント・フォン・シーラッハ・原作翻訳:酒寄進一・上演台本:木内宏昌・演出:深作健太)が、6月30日(火)に、福岡市中央区天神の福岡市民会館で上演される。

『TABU』~シーラッハ「禁忌」より~ 『TABU』~シーラッハ「禁忌」より~

2013年秋に出版され話題となった、ドイツの刑事事件弁護士にしてベストセラー作家、シーラッハの新作長編小説「禁忌」が『TABU』として世界で初めて舞台化される。シーラッハは、刑事事件弁護士という立場から、自分が体験した事件をちりばめながら作品を書き上げていく。数々の事件で得られた経験と鋭い観察眼から書かれた、短く淡々とした描写は、深く人間の業に分け入っていき人々を虜にして離さない。

また、シーラッハの初の短編集「犯罪」は、本国ドイツで45万部を越すベストセラーとなり、世界32カ国で翻訳されている。さらにドイツ屈指の文学賞であるクライスト賞をはじめとする<ベルリンの熊>賞を受賞するなど高い評価を得ており、日本でも2012年本屋大賞翻訳小説部門で大賞を受賞した。「罪とは何か」を問いかけた新たなる傑作「禁忌」の舞台化、『TABU』がどのような展開を見せるのか、シーラッハファンのみならず、注目に値する作品だ。

出演は真田佑馬 大空祐飛/宮本裕子 佐藤誓 池下重大 大沼百合子/橋爪功。

チケットは好評発売中。取り扱いはピクニックチケットセンター、チケットぴあ、ロ-ソンチケット、e+(イープラス)。お問い合わせはピクニックチケットセンター050-3539-8330(11:00〜17:00)まで。


『TABU』~シーラッハ「禁忌」より~

原作:フェルディナント・フォン・シーラッハ
原作翻訳:酒寄進一
上演台本:木内宏昌
演出:深作健太
日時:2015年6月30日(火)19:00
会場:福岡市民会館(福岡市中央区天神5丁目1番23号)
料金:全席指定8,000円、U-25チケット4,000円(25才以下当日座席指定・交換時要身分証)

【関連サイト】
ピクニック

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket