本当のしあわせを探す旅、わたしの青い鳥

2015.06.23

北九州芸術劇場(北九州)がプロデュースする市民参加型の企画、合唱物語『わたしの青い鳥2015~青いつばさの歌がきこえる』が、6月28日(日)に北九州市小倉北区室町の北九州芸術劇場で上演される。

合唱物語『わたしの青い鳥2014』©梅本昌裕

メーテルリンクの戯曲「青い鳥」にオリジナルの詞と曲をつけた合唱物語『わたしの青い鳥』は、市民参加型の合唱のワークショップ。2004年に幕を開けたこの作品は、今年で12年目を迎える。毎年80名から100名ほどの参加者が集まり、14回のワークショップを経て、公演として披露している。参加者にはリピーターも多く、12回連続で出演しているツワモノも。また親子や、お婆ちゃんと孫とで参加している参加者も多い。8才から80代までの広い年代の参加者が集まり、様々な声色が重なっていくコーラスの色合いも魅力の一つだ。合唱とはいうものの、途中、ナレーションによるインタビューなども行われ、青い鳥の物語にコーラス参加者と観客とが、ともに入り込んでいく構成となっている。

チケットは北九州芸術劇場プレイガイド、北九州芸術劇場オンラインチケットにて発売中。お問い合わせは093-562-2655(10:00~17:00)まで。


合唱物語『わたしの青い鳥2015~青いつばさの歌がきこえる』

原作:メーテルリンク「青い鳥」
作曲:長生淳
作詞・ナレーション:能祖將夫
指揮:樋本英一
ソプラノソロ:伊藤晴
ピアノ:白石光隆
日時:2015年6月28日(日)15:00
会場:北九州芸術劇場 中劇場(北九州市小倉北区室町1丁目1-1-11)
料金:大人1,500円
   子ども(3歳~中学生)1,000円
   マタニティ割引1,000円(※要母子手帳)

【関連サイト】
『私の青い鳥』公演詳細ページ

合唱物語『わたしの青い鳥2014』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket