あの「かぶりもの」をかぶれるチャンス!

2015.07.09

福岡市文化芸術振興財団(福岡)が、7月23日(木)に福岡市早良区百道浜の福岡市博物館で行われる演劇ワークショップ『こどもたちとつくる「天神開拓使」』の参加者を募集している。

演劇ワークショップ『こどもたちとつくる「天神開拓使」』参加者募集チラシ

今回のワークショップでは、戦後70年プロジェクトが進行中のギンギラ太陽’s(福岡)の大塚ムネトと、劇団ショーマンシップ(福岡)の仲谷一志の2人が講師となり、こどもから大人までが一緒にギンギラ太陽’sの「天神開拓使」のシーンを演じてみるという。「かぶりもの」で有名なギンギラ太陽’s。「イムズ」や「天神コア」、「西鉄バス」などのかぶりものを実際にかぶることのできる貴重なチャンスだ。こどもたちにとっては夏休みの自由研究としても最適ではないだろうか。

参加費は無料だが、ワークショップの一環として博物館企画展示の観覧料が必要。定員は15名で事前申し込みの先着順となっている。

詳しい申し込み方法は劇団ショーマンシップHPを参照のこと。申し込み、お問い合わせは092-263-6266、ffac-03@ffac.or.jp、〒802-0802 福岡市博多区中洲中島町3-10福岡県消防会館6階(公財)福岡市文化芸術振興財団「博物館ワークショップ」係まで。


演劇ワークショップ『こどもたちとつくる「天神開拓使」』参加者募集

講師:大塚ムネト(ギンギラ太陽’s)・仲谷一志(劇団ショーマンシップ)
日時:2015年7月23日(木)14:00~16:30
会場:福岡市博物館 多目的研修室(福岡市早良区百道浜3丁目1-1)
参加費:無料(別途博物館企画展示観覧料が必要)
定員:15名

【関連サイト】
劇団ショーマンシップ

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket