絵本を子供も大人も楽しめる舞台作品に

2015.08.12

こどもとおとな 演劇のトビラ『パンチネロ ~たいせつなきみ~』(脚本:島田佳代・演出:広瀬健太郎)が8月23日(日)に福岡市城南区片江の城南市民センター、8月29日(土)に福岡市中央区赤坂の中央市民センターで上演される。

こどもとおとな 演劇のトビラ 『パンチネロ ~たいせつなきみ~』

世界各国で翻訳され、日本でも大ヒットしたマックス・ルケードの絵本『たいせつなきみ』。全6作から抜粋したエピソードとオリジナルのエピソードを加えて、子供と大人それぞれの視点で楽しめる作品として舞台化された。昨年、好評だったこの舞台が福岡市内の2会場で再演される。

本作の脚本を担当した島田佳代と、演出を担当した広瀬健太郎よりコメントが届いた。

島田佳代

躍動感のある演出で、絵本の世界が豊かに立体化されています。俳優が演じるウイミックたちはとてもチャーミング! エリの包容力はきっと観客にも安心感を与えてくれます。子どもたちの思い出の中に、演劇の面白さと「自分は愛されている」という実感を残すことができたら嬉しいし、まさにそんな舞台になっていると思います。パンチネロの成長そのものがわたしたちに勇気を与えてくれる舞台です。子どもから大人まで、すべての世代にお届けしたいです!

広瀬健太郎

テンションもスピードも更に加速させ、初演よりも、もっとエキサイティングでチャーミングな芝居を作ります。子供だろうと大人だろうとそんなの関係ない。観た人、全員を感動させます。個性豊かな9人のキャストが走り回り、きっと舞台に風を起こすことでしょう。楽しみにしていてください。

出演は、八尋桂子、小坂愛(劇団 go to)、迫雅貴(WET BLANKET)、中村卓二(P.T.STAGE DOOR)、坂井操(劇団HallBrothers)、福田みゆき(HOME)、大渕雄一朗、井上雄介、橋本晏奈(九州ビジュアルアーツ)。

チケットは大人1,500円、子ども(小学生~高校生)500円、親子券①(大人1枚+子ども1枚)1,800円、親子券②(大人1枚+子ども2枚)2,200円。チケットぴあ(Pコード:445-298)、ローソンチケット(Lコード:86844)、アートリエ(福岡アジア美術館7F・店頭販売のみ・毎週水曜休館)での取り扱い。お問い合わせは092-263-6266((公財)福岡市文化芸術振興財団)まで。


こどもとおとな 演劇のトビラ 『パンチネロ ~たいせつなきみ~』

原作:マックス・ルケード『たいせつなきみ』シリーズ
脚本:島田佳代(演劇集団非常口)
演出:広瀬健太郎(劇団風三等星)
日時・会場:2015年8月23日(日)14:00 城南市民センター(福岡市城南区片江5-3-25)
           29日(土)14:00 中央市民センター(福岡市中央区赤坂2-5-8)
料金:大人1,500円
   子ども(小学生~高校生)500円
   親子券①(大人1枚+子ども1枚)1,800円
   親子券②(大人1枚+子ども2枚)2,200円

【関連サイト】
こどもとおとな 演劇のトビラ 『パンチネロ ~たいせつなきみ~』公演詳細ページ

【関連記事】
mola!演劇人インタビュー#1 島田佳代
公演関連企画として、アニメ創りWS

こどもとおとな 演劇のトビラ 『パンチネロ ~たいせつなきみ~』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket