「本当のことを言う勇気」の大切さ

2015.08.18

劇団四季ファミリーミュージカル『王子とこじき』(原作:マーク・トウェイン、台本:石坂浩二、初演オリジナル演出:浅利慶太)が、9月12日(土)に福岡市博多区住吉のキャナルシティ劇場にて上演される。

劇団四季 ファミリーミュージカル『王子とこじき』

舞台は、今から約400 年前のイギリスの都ロンドン。同じ年の同じ日に生まれた、顔がそっくりなこじきの子トム・キャンティと王子のエドワード。ある日偶然出会った二人は、着ている服を取りかえっこ。するとどうでしょう。どっちがトムで、どっちがエドワードか見分けがつかなくなってしまったではありませんか。王様も家来もトムを本当の王子と思い込み、町の人たちはエドワード王子を王様気取りの変なヤツだとからかいます。

ある日、エドワードの父である国王が亡くなってしまったからさあ大変、エドワードはすぐにお城に戻らなければならないのに、こじきの服を着た彼を誰も王子だと信じてくれません。このままではトムが王位を継ぐことになってしまいます! 入れ替わった二人は、元の自分に戻ることができるのでしょうか!?

劇団四季 ファミリーミュージカル『王子とこじき』(撮影:下坂敦俊) 劇団四季 ファミリーミュージカル『王子とこじき』(撮影:下坂敦俊)
劇団四季 ファミリーミュージカル『王子とこじき』(撮影:下坂敦俊)

劇団四季のファミリーミュージカル『王子とこじき』は、アメリカの文豪、マーク・トウェインの著書『王子と乞食』をもとに創られたミュージカル。この作品は、著者が2年の歳月をかけて完成させた会心の作と言われ、彼自身も「万一、この書物が唯の1冊も売れないようなことがあっても、自分がこれを書いていた間に味わった芸術的幸福はいささかも減じない」と、友人に送った手紙に記すほどだったという。身分は正反対なのに容姿がそっくりな二人が入れかわることで起こる騒動を通して、「本質を見ること」「真実を言う勇気」などのメッセージが込められている。

劇団四季 ファミリーミュージカル『王子とこじき』(撮影:下坂敦俊)
劇団四季 ファミリーミュージカル『王子とこじき』(撮影:下坂敦俊)

チケットは大人S席5,000円、A席3,000円、小学生以下S席3,000円、A席2,000円。「四季の会」会員は大人S席のみ4,000円。0120-489-444(劇団四季予約センター・10:00~18:00)、インターネット予約サービスで発売中。お問い合わせは092-482-2013(劇団四季福岡オフィス・10:00~18:00/日祝休)まで。


劇団四季 ファミリーミュージカル『王子とこじき』

原作:マーク・トウェイン
台本:石坂浩二
初演オリジナル演出:浅利慶太
日時:2015年9月12日(土)11:30/15:00
会場:キャナルシティ劇場(福岡市博多区住吉1丁目2番1号)
料金:大人S席5,000円、A席3,000円
   小学生以下S席3,000円、A席2,000円
   ※「四季の会」会員は大人S席前売のみ4,000円
   ※3歳以上有料、3歳未満の着席鑑賞は有料

【関連サイト】
劇団四季

劇団四季 ファミリーミュージカル『王子とこじき』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket