いま振り返る、5年前の口蹄疫

2015.08.21

サンA川南文化ホール(宮崎県児湯郡川南町大字平田)の自主事業として、『29万の雫 2015』(作:29万の雫プロジェクト、構成・演出:黒木朋子(劇団220)、監修:古城十忍(劇団ワンツーワークス))が9月5日(土)〜6日(日)に上演される。

『29万の雫 2015』

『29万の雫』は、5年前に起こった宮崎での口蹄疫を受け、劇団ゼロQと宮崎の演劇人が「29万の雫プロジェクト」を結成、80人以上に取材を重ねて生まれた「ドキュメンタリーシアター」。2012年、2013年に宮崎、川南、都城で上演され、大きな反響を呼んだ。宮崎の口蹄疫が話題になってから5年。いま改めて振り返ることで、忘れてはいけないことは何かを問いかける。

『29万の雫 2015』プロジェクトに関わる出演者およびスタッフは、中島佳江子、原田千賀子、前田晶子、山口由美、原口奈々、河野誠、黒岡明日佳、大城千明(以上、劇団ゼロQ)、伊藤海(劇団歩く窓)、井野畑琢磨、景山益美(劇団220)、黒田吉郎(のべおか笑銀座)、坂口浩平(劇団一時企画)、下水流いつみ(演劇創作ユニット箱庭)、中武明子(劇団一演)、中武悟(劇団一演)、濵砂崇浩(劇団こふく劇場)、山田げんごろう(劇団すいとどうかにち)。

チケットは一般2,000円(当日2,500円)、小~大学生500円(当日1,000円)。チケットの取り扱いはサンA川南文化ホール、劇団ゼロQチケット予約フォームほか。お問い合わせは0983-27-7111(サンA川南文化ホール)、0909-481-0909(劇団ゼロQ)まで。


『29万の雫 2015』

作:29万の雫プロジェクト(劇団ゼロQと宮崎の演劇人)
構成・演出:黒木朋子(劇団220)
監修:古城十忍(劇団ワンツーワークス)
企画:岡田心平(劇団ゼロQ)
日時:2015年9月5日(土)19:00
        6日(日)14:00
会場:サンA川南文化ホール(宮崎県児湯郡川南町大字平田2386-3)
料金:一般2,000円(当日2,500円)
   小~大学生500円(当日1,000円)

【関連サイト】
劇団ゼロQ『29万の雫』公演詳細ページ

『29万の雫 2015』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket