壮大な歴史スペクタクル

2015.09.16

劇団天地(福岡)が創立15周年記念公演第2弾として、アレクサンドル・デュマ原作の『三銃士』(脚本・演出:原大介)を9月26日(土)〜27日(日)、福岡市博多区祇園町のぽんプラザホールで上演する。

劇団天地 創立15周年記念公演第2弾『三銃士』

本公演は、2015年3月~2016年3月にかけて行われる劇団天地創立15周年記念公演の第2弾。アレクサンドル・デュマ原作の『三銃士』は17世紀のパリを舞台とした冒険活劇で、銃士になることを夢見て故郷を出てきたダルタニアンを中心に、アトス、ポルトス、アラミスと個性豊かなキャラクターが登場する物語。少年漫画のような痛快な展開がある一方、史実に沿って書かれているストーリーラインは壮大な歴史スペクタル。各場面で繰り広げられるアクションシーン、スピーディーに進行する展開、銃士の隊服を再現した衣裳などが見どころとなっている。

今回の公演のために、5月に公開ワークショップとキャストオーディションを行った劇団天地。オーディションに合格した3名とともに、男臭く、アツい稽古を重ねているという。

チケットは前売当日共通料金で1,800円。チケットの取り扱い・お問い合わせは劇団公式HP、080-2797-1534まで。


劇団天地 創立15周年記念公演第2弾『三銃士』

原作:アレクサンドル・デュマ
脚本・演出:原大介
日時:2015年9月26日(土)19:00
        27日(日)13:00/17:00
会場:ぽんプラザホール(福岡市博多区祇園町8-3)
料金:1,800円(前売当日共通)

【関連サイト】
劇団天地
劇団天地公式ブログ

【関連記事】
劇団天地がWSとオーディション開催

『三銃士』稽古風景

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket