風間杜夫のひとり芝居が九州公演

2015.10.03

風間杜夫ひとり芝居『正義の味方』(作・演出:水谷龍二)が10月7日(水)に福岡市早良区百道のももちパレス、10月8日(木)に西彼杵郡時津町野田郷のとぎつカナリーホール、10月10日(土)宮崎市清武町西新町の宮崎市清武文化会館、10月11日(日)に行橋市中央のコスメイト行橋にて上演される。

風間杜夫ひとり芝居『正義の味方』 風間杜夫ひとり芝居『正義の味方』

大角卯三郎大正生まれの95 歳。下町の銭湯「大正湯」で働いている現役である。卯三郎はこの町の名物爺さんで、ご近所の住人がこの男の世相切りを聞くために閉店間際に集まってくる。「大正湯」は毎日拍手喝采爆笑の渦に巻き込まれていた。ある日、東京大学の女子学生が訪ねてきた。95 年の人生を取材にきたのである。卯三郎は波乱に満ちた生涯を、堰を切ったように語り始めた。大正、昭和、平成……話は硬軟自在あちこちに飛ぶが、次第にその歩んできた過去が明らかになっていく……。そして卯三郎は自問自答する“本当の正義とは何なのか”と。スーパー老人、大角卯三郎の生きた激動の時代を、笑いと涙と正義で描く!

風間杜夫

風間杜夫ひとり芝居では1997 年から2010 年の14年間で5本の作品を創作し、毎年全国各地で上演した。2003 年の『三部作一挙上演』では文化庁芸術祭大賞と読売演劇大賞最優秀男優賞、バッカーズアワード演劇奨励賞を受賞。また『カラオケマン』は世界各国でも上演し、称賛を得た。2010 年にはこれまでの集大成として、前人未到の五部作一挙上演を敢行。上演時間は怒涛の5 時間15 分。風間は衰えを知らない精神と体力と演技力を駆使して、満席の観客を全く飽きさせることなく魅了した。その後4年の月日を経て、2014年待望の最新作『正義の味方』を上演。大好評につき、今回再演の運びとなった。

チケット料金、問い合わせ先は、各公演地の情報を参照してほしい。


風間杜夫ひとり芝居『正義の味方』

作・演出:水谷龍二

【福岡公演】
日時:2015年10月7日(水)19:00
会場:ももちパレス(福岡市早良区百道2-3-15)
料金:4,500円(当日5,000円)
お問い合わせ:03-5371-1153

日時:2015年10月11日(日)19:00
会場:コスメイト行橋(行橋市中央1-9-3)
料金:3,000円(当日3,500円)
お問い合わせ:0930-25-2300

【長崎公演】
日時:2015年10月8日(木)19:00
会場:とぎつカナリーホール(西彼杵郡時津町野田郷62)
料金:一般3,000円(当日3,500円)
   大学生以下1,500円(当日2,000円)
お問い合わせ:095-882-0003

【宮崎公演】
日時:2015年10月10日(土)14:00
会場:宮崎市清武文化会館半九ホール(宮崎市清武町西新町6-5)
料金:3,000円(当日3,500円)
お問い合わせ:0985-84-0181

【関連サイト】
ももちパレス公演詳細ページ
とぎつカナリーホール公演詳細ページ
宮崎市清武文化会館公演詳細ページ

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket