二代目吉田玉男×赤川次郎、文楽トークショー開催

2015.10.09

12月に博多座で行われる博多座文楽公演に先駆けて、10月14日(水)、福岡市中央区天神のソラリアプラザ1F ゼファにて、二代目吉田玉男と赤川次郎による『文楽トークショー』が行われる。

二代目吉田玉男×赤川次郎『文楽トークショー』

様々な方に「文楽」の面白さを知って欲しいということで、今年二代目を襲名した吉田玉男と、福岡出身で文楽が大好きという作家の赤川次郎とのトークショー。文楽好きな方はもちろん、少し敷居が高そう、文楽って難しそう、歌舞伎は好きだけど……と考えていた方から、そもそも文楽って何?! という方まで、12月の公演が楽しみになるような内容になるという。二代目を襲名して初めての博多座公演に臨む吉田玉男と、自身の小説にも文楽の場面を取り入れたり、文楽初心者が読むにはピッタリの「文楽入門:人形は口ほどにものを言い」を執筆した赤川次郎とのトークショーは、文楽の魅力が溢れるものになること請け合いだ。

出演は二代目吉田玉男、赤川次郎。MCはLOVE FM On Sundays担当の山本真理子が務める。観覧は無料。

二代目吉田玉男プロフィール
1953年、大阪府生まれ。1968年に初代 吉田玉男に入門し吉田玉女を名乗る。1969年に初舞台を踏むと、1975年国立劇場奨励賞を皮切りに、数々の賞を受賞。2014年には日本芸術賞に輝いた。品格があり、端正で理知的な芸風が特徴で、その実力が高く評価され、2015年、二代目吉田玉男を襲名した。

赤川次郎プロフィール
1948年、福岡県生まれ。1976年に「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。ミステリー、サスペンス、恋愛まで幅広いジャンルの著書を多数発表し、日本を代表する小説家として今なお活躍中。代表作は「三毛猫ホームズ」シリーズ『ふたり』などで、中でも『セーラー服と機関銃』は2016年3月に橋本環奈主演で再映画化されると話題。


二代目吉田玉男×赤川次郎『文楽トークショー』

日時:2015年10月14日(水)17:00~ ※30分ほどの予定
   ※時間は前後する場合があります
会場:ソラリアプラザ1F ゼファ(福岡市中央区天神2-2-43)
料金:無料

【関連サイト】
博多座

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket