宮崎県立芸術劇場の演劇ディレクターが交代

2015.10.12

宮崎県立芸術劇場(宮崎)の演劇ディレクター、永山智行が、平成28年3月末をもってディレクターを勇退することが発表された。

また、これに伴い10月1日より、宮崎市佐土原町生まれで劇作家、演出家の立山ひろみが演劇ディレクターに就任。3月まで2名体制でディレクター業務が行われる。

【関連サイト】
メディキット県民文化センター「演劇ディレクターの退任及び就任について」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket