九州大谷短大の卒業公演が目前

2015.01.20

九州大谷短期大学(福岡県筑後市)は、西日本の短大では唯一、ミュージカル俳優を目指す「ミュージカルコース」、演出家・俳優・声優などを目指す「俳優・声優コース」、照明や美術、音響を育成するアートスタッフコースなどを設けた、演劇に特化した学部を持つ短期大学である。

その九州大谷短期大学表現学科演劇放送フィールド35期生の卒業公演、ミュージカル『夢の降る街』(脚本:横山由和・演出:齋藤豊治・作詞・作曲:上田聖子)が、1月23日(金)〜25日(日)、九州大谷短期大学の演劇放送館小劇場で行われる。

舞台は昭和前期の下町のレビュー小屋。そこでは踊り子たちが、今日も華やかに踊っていた。三条進之介は、親から決められた結婚の日が迫る中、賑やかな街へと繰り出す。そこでケンカの仲裁に入った彼は、怪我を負い、運悪く記憶を失ってしまう。レビュー小屋の文芸部室に連れてこられた進之介は、そこで踊り子の京子と出会うことに。いつの日かスターになることを夢見ている京子と、記憶を無くしてしまった進之介。二人はどう絡み、どんな展開になっていくのか。

平成生まれの35期生達にとっては、昭和前期の衣装や舞台装置など想像しにくいところもあったが、先生方、プロスタッフの方々の指導のもと、自分たちなりの世界観を作り上げていった。

ミュージカルということで、歌はもちろんのこと、レビュー小屋の踊り子たちのダンスも見どころ。

入場は無料で全席自由。出演は九州大谷短期大学演劇放送フィールド35期生。お問い合わせは九州大谷短期大学0942-53-9900(平日9:00~17:00)、もしくは演劇放送フィールド直通0942-53-9894まで。


九州大谷短期大学 表現学科演劇放送フィールド35期生卒業公演 ミュージカル『夢の降る街』

脚本:横山由和(昭和音楽大学音楽学部准教授)
演出:齋藤豊治(表現学科専任講師)
作詞・作曲:上田聖子(表現学科専任講師)
日時:2015年1月23日(金)19:00
        24日(土)13:00/18:00
        25日(日)13:00 ※混雑が予想されますのでお早目にお越しください。
会場:九州大谷短期大学演劇放送館小劇場(筑後市蔵数495-1)
料金:無料

【関連サイト】
2015年1月演劇放送フィールド卒業公演のお知らせ!!

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
※記事初出時、一部表記に誤りがありました。お詫びして訂正します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket