2016年初笑いとなる傑作海外コメディ

2015.11.03

『とりあえず、お父さん』(作:アラン・エイクボーン、上演台本:藤井清美、演出:綾田俊樹)が1月16日(土)〜17日(日)、福岡市博多区住吉のキャナルシティ劇場にて上演される。

『とりあえず、お父さん』

グレッグとジニィは交際して一カ月、真剣に結婚を考えている。 ジニィはグレッグと出会う前に、親ほど歳のはなれた年上の男性と交際していたが、もうその関係は終わったと、グレッグには伝えている。 ある週末、ジニーは、郊外に住む両親へ会いに行くために出かけると言う。グレッグは自分も一緒に行きたいと言うが、まだ時期尚早だと、ジニィは断る。 両親に挨拶をし、結婚を申し込みたいと思っているグレッグは、ジニィが部屋に落とした住所のメモを頼りに、先回りをして、彼女の両親の家に行ってしまう。 しかし、そこはジニィが交際していた年上男性(フィリップ)と、その妻(シーラ)が住む家だった。ジニィ は、寄りを戻そうと迫ってくるフィリップとの関係を断ち切るために、彼に会いに行くつもりだったのだ。 何も知らないグレッグは、フィリップをジニィの父親だと思い込み……。

ニール・サイモンと並び、喜劇界の二大巨頭と言われるアラン・エイクボーンの初期の傑作コメディ。

出演は、藤原竜也、本仮屋ユイカ、浅野ゆう子、柄本明。藤原は海外戯曲コメディ初挑戦となる。2016年笑い初めの舞台となること必至の作品。

チケットはS席9,800円、A席8,000円。キャナルシティ劇場、e+(イープラス) 、チケットぴあ(Pコード:447-058)、ローソンチケット(Lコード:88959)での取り扱い。お問い合わせは092-271-6062(キャナルシティ劇場/平日10:00〜18:00)まで。


『とりあえず、お父さん』

作:アラン・エイクボーン
上演台本:藤井清美
演出:綾田俊樹
日時:2016年1月16日(土)12:30/17:30
        17日(日)12:30
会場:キャナルシティ劇場(福岡市博多区住吉1-2-1 キャナルシティ博多 ノースビル4F)
料金:S席9,800円
   A席8,000円

【関連サイト】
キャナルシティ劇場『とりあえず、お父さん』公演詳細ページ

『とりあえず、お父さん』 『とりあえず、お父さん』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

LINEで送る
Pocket