元寇の総大将、景資の物語

2015.11.27

第23回ふくおか県民文化祭2015 那珂川歴史物語『「岩門城主 少弐景資」~我 岩門の椿となりて~の段』が11月29日(日)、筑紫郡那珂川町仲のミリカローデン那珂川文化ホールにて上演される。

第23回ふくおか県民文化祭2015 那珂川歴史物語『「岩門城主 少弐景資」~我 岩門の椿となりて~の段』

日本史に大きな足跡をのこす「元寇」に総大将として貢献した景資の居城は那珂川町にあった!

おりからの「元寇」に立ち向かうべく奮戦した、九州の御家人衆を率いたのが鎮西奉行「少弐家」だった。しかし「少弐家」の兄弟、経資と景資は幕府の勢力争いに巻き込まれる形で弓を引きあうことになる。鎌倉時代、岩門城に散った一人の武将の物語。兄弟の戦いはなぜ起こったのか?

エントランスホールでは11月21日(土)~29日(日)まで「少弐景資パネル展」も開催中。景資にまつわる資料等を展示しているので、観劇の前後に見学し、理解を深めるのもいいだろう。

チケットは500円(当日800円)。ミリカローデン那珂川、ローソンチケット、チケットぴあにて取り扱い。お問い合わせは092-954-2211(ミリカローデン那珂川事務室)まで。


第23回ふくおか県民文化祭2015 那珂川歴史物語『「岩門城主 少弐景資」~我 岩門の椿となりて~の段』

日時:2015年11月29日(日)13:30
会場:ミリカローデン那珂川(筑紫郡那珂川町仲2丁目5番1号)
料金:前売500円(当日800円)

【関連サイト】
ミリカローデン那珂川

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

LINEで送る
Pocket