毛布にもぐりこんで、寝ながら聴くお芝居

2015.11.30

『親指こぞう~ブケッティーノ~』(原作:シャルル・ペロー、演出:キアラ・グイディ)が1月22日(金)〜24日(日)、大野城市曙町の大野城まどかぴあ 大ホール特設舞台で上演される。

『親指こぞう~ブケッティーノ~』

ある貧乏な木こりの夫婦には、10歳から7歳までの7人の男の子たちがいました。一番末っ子は、生まれた時から体が小さく、どんな小さな穴でも潜れることから、みんなに “ブケッティーノ” (イタリア語で「小さい穴」という意味)と呼ばれていました。ある日、貧しい生活に耐えかねた木こりの夫婦は、子どもたちを森の中に置き去りにしてしまいます。一度はブケッティーノの機転で家に帰ることの出来た子どもたちでしたが、2度目は、大嵐の夜、山の中の人喰い鬼の家の中に迷い込んでしまいます……。

会場となるのは大ホールの舞台上に建てられた茶色い木の小屋。赤いカーテンをくぐって小屋に入ると、床には木くずが敷き詰められ、天井からは灯りの裸電球が1つぶら下がっている。その薄暗い中に並んだ、古ぼけた50個のベッドが客席。観客はベッドに横になり、毛布にもぐりこんで物語を耳で楽しむ。

『親指こぞう~ブケッティーノ~』(撮影:谷古宇正彦)

物語にあわせて、家の扉が「ギィーッ」と開く音がしたり、落ち葉を踏みしめる音が「カサ、カサ」と聞こえてきたりと、本の中に入ってしまったような感覚を味わうことができる不思議な作品。2005年の初出演以来、全国各地で200公演を重ねる人気作品が、この冬大野城まどかぴあに登場する。

出演は、ともさと衣。

チケットは一般2,500円(当日3,000円)、高校生以下1,000円(当日1,500円)、親子ペア3,000円。取り扱いはまどかぴあ総合案内092-586-4000(9:00~21:00)、ローソンチケット(Lコード:89025)、チケットぴあ(Pコード:447-128)、劇ナビFUKUOKA。お問い合わせは大野城まどかぴあ092-586-4000まで。


『親指こぞう~ブケッティーノ~』

原作:シャルル・ペロー
演出:キアラ・グイディ
日時:2016年1月22日(金)18:30
        23日(土)11:00/14:00
        24日(日)11:00/14:00
会場:大野城まどかぴあ 大ホール特設舞台(大野城市曙町2-3-1)
料金:一般2,500円(当日3,000円)
   高校生以下1,000円(当日1,500円)
   親子ペア3,000円

【関連サイト】
大野城まどかぴあ『親指こぞう〜ブケッティーノ〜』詳細ページ

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket