RAWWORKSが明日から新作公演

2015.12.18

劇団RAWWORKS(長崎)が第7回公演『風立ちぬ』(脚本・演出:川内清通、原作:堀辰雄)を12月19日(土)~20日(日)、長崎市目覚町のギャラリーヘキサで上演する。

劇団RAWWORKS 第7回公演『風立ちぬ』

「思ひは同じ。恋路なれば。」 彼女は高原で過ごした日々を鮮やかに思ふ。 一日は他の一日によく似ていて、 私たちは確かに幸福で、 私たちは確かに一人だった。サナトリウムで療養する節子と私の日々。そして私たちが描くもう一つの思ひの物語。

前回公演では伝説の歌舞伎役者、中村仲蔵をモチーフにした作品を上演したRAWWORKS。今回は堀辰雄の小説『風立ちぬ』を舞台化する。

出演は、千世子(フリー)、中村幸(劇団ヒロシ軍)、松下卓矢(フリー)、川内清通。また、チェロ演奏で鈴木莉乃も出演。

チケットは一般2,000円(当日2,500円)、学生1,500円(当日2,000円)。19日19:30の回は完売。20日(日)の両公演も残席わずか。予約・お問い合わせはローワークス代表mail@rawworks.info、080-4286-4017まで。


劇団RAWWORKS 第7回公演『風立ちぬ』

原作:堀辰雄
脚本・演出:川内清通
日時:2016年12月19日(土)19:30
        20日(日)12:00/16:00
会場:ギャラリーヘキサ(長崎市目覚町4-2 3F)
料金:一般2,000円(当日2,500円)
   学生1,500円(当日2,000円)

【関連サイト】
劇団RAWWORKS

【関連記事】
伝説の歌舞伎役者の物語

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket