森光子から仲間由紀恵へ―受け継がれた『放浪記』、いよいよ博多座で上演

2015.12.26

演劇界の金字塔『放浪記』(作:菊田一夫(林芙美子作品集より)、潤色:三木のり平、演出:北村文典)が、1月の博多座に登場する。

『放浪記』(撮影:篠山紀信)
『放浪記』(撮影:篠山紀信)

尾道から上京し職を転々としながら、恋をして、そして棄てられ……。報われぬ思いを切々と詩に書き綴る林芙美子。やがて作家としての名声を得たその先には-。

極上の一幕物のような名場面の連続で描かれる林芙美子の波瀾に満ちた『放浪記』。 人生の歓びと哀しみが胸を打つ名舞台を堪能して欲しい。

出演は、仲間由紀恵、若村麻由美、永井大、窪塚俊介、福田沙紀、立石涼子、羽場裕一、村田雄浩ほか。

チケットはA席14,000円、特B席11,000円、B席7,000円、C席4,000円。取り扱いは博多座オンラインチケット、博多座電話予約センター092-263-5555まで。


『放浪記』

作:菊田一夫(林芙美子作品集より)
潤色:三木のり平
演出:北村文典
日程:2016年1月7日(木)~31日(日)※詳しいスケジュールは公式サイトをご確認ください。
会場:博多座(福岡市博多区下川端町2-1)
料金:A席14,000円
   特B席11,000円
   B席7,000円
   C席4,000円

【関連サイト】
博多座

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket