英断!そめごころが東京公演を急遽決定

2016.01.19

演劇ユニットそめごころ(福岡)が『反復する、イクツカノ時間と、交わる、イクツモノ時間の中で、僕等にできる、イクツカノこと。』(作・演出:石田聖也)で2月13日(土)〜14日(日)に東京公演を行うことを発表した。

演劇ユニットそめごころ 第五回本公演 『反復する、イクツカノ時間と、交わる、イクツモノ時間の中で、僕等にできる、イクツカノこと。』

会場は東京都北区の王子小劇場。1か月を切ったタイミングでの東京公演決定。2月中旬に急遽公演キャンセルが発生し、劇場スタッフがこの時期に公演できるカンパニーを全国的に探したところ、そめごころが名乗りをあげたという。

演劇ユニットそめごころは2013年結成の若手劇団。「今、この時間、この場所で世界とつながる演劇」をコンセプトに創作活動を続けている。旗揚げからわずか2年で10回の公演を行うなど精力的に活動しており、脚本・演出の石田聖也の作品が「せんだい短編戯曲賞」で応募総数206作品のなかから最終候補に残るなど、着実に実力をつけている。

今回上演される『反復する、イクツカノ時間と、交わる、イクツモノ時間の中で、僕等にできる、イクツカノこと。』は、44年前に起こったとある事件をモチーフにした作品。目が見えず、壁に囲まれた少女は、音だけを頼りに世界を理解しようとする。そこに現れる二人の青年。 二人の青年との出会いは少女に何をもたらすのか……。客席内に設営される特殊なスペースの役割とは……?

そめごころの考える「演劇性」にも挑戦した意欲作。演出の都合上、開場が前の公演の終演時間と重なっているという。また、本公演は東京公演の前に、シアターねこ(愛媛)での上演も予定されている。作品としても、興行としても、「挑戦」するそめごころの新作に期待したい。

出演は、せとよしの、君島史哉、田島宏人、石田聖也。

予約・お問い合わせはsomegokoro@gmail.comまで。


演劇ユニットそめごころ 第五回本公演
『反復する、イクツカノ時間と、交わる、イクツモノ時間の中で、僕等にできる、イクツカノこと。』

作・演出:石田聖也

【愛媛公演】
日時:2016年1月23日(土)15:00/17:00/19:00
        24日(日)15:00/17:00/19:00
会場:シアターねこ(松山市緑町1-2-1)
料金:前売1,500円(当日2,000円)
   ペア2,700円
   U-25 1,300円

【東京公演】
日時:2016年2月13日(土)15:00/17:00/19:00
        14日(日)11:00/13:00/15:00
会場:王子小劇場(東京都北区王子1-14-4 B1F)

【福岡公演】
日時:2016年3月31日(木)15:00/17:00/19:00
       4月1日(金)15:00/17:00/19:00
        2日(土)15:00/17:00/19:00
        3日(日)15:00/17:00/19:00
会場:ぽんプラザホール(福岡市博多区祇園町8-3)
料金:前売1,500円(当日2,000円)
   ペア2,700円
   U-25 1,300円

【関連サイト】
演劇ユニットそめごころ

演劇ユニットそめごころ 第五回本公演 『反復する、イクツカノ時間と、交わる、イクツモノ時間の中で、僕等にできる、イクツカノこと。』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket