灯台とスプーンが早くも第2回公演

2016.02.06

灯台とスプーン(福岡)が第二回公演『まがいものの乙女たち』(作・演出:田村さえ)を2月19日(金)〜21日(日)、福岡市中央区大名の紺屋2023 konya-galleryで上演する。

灯台とスプーン 第二回公演『まがいものの乙女たち』

林木実子と森沢幹子。22歳になったふたりの「私」の頭の中では、7年前、中学三年生の冬に突然死んだクラスメイト木戸夕子の記憶が繰り返し再生され続けていた。

作・演出の田村さえが、本公演の見どころを語ってくれた。

結成から一年、二度目の本公演です。元々学生さんに依頼され制作した脚本を元に、新たに書き直したものを用いて公演を行います。テーマは「過去とのたたかい」で、主人公が中学時代と大学時代(現在)を行ったり来たりしながら進んでいくお話です。灯台とスプーンの二人に、福岡女学院大学の学生さん方と、福岡や岩手などで活躍している女優さんを客演でお呼びし、女性の「個」と「集団」の世界を八名で演じます。

シーンごとに空気感ががらりと変わるので、役者さん方は非常に苦労しているようです。でも、稽古を重ねる度に、20代である今の私たちにしか遺せない作品になったと感じています。とくに、同年代の女性に観に来ていただきたい作品です。きっとなにか思い当たることがあるのではないかな、と思います。

また、昨年6月のコラボレーションライブ(リーディング公演)Starting overに出演頂いた音楽家・深町将詞氏による、アコースティックギターの生演奏も見どころです。

出演は、安藤美由紀、大塚愛理、藏園千佳、橋本美咲、濱畑里歩、福田みゆき(HOME)、柳田詩織、吉住玲香(劇団天地)。音楽は深町将詞。20日(土)18時公演終了後は、深町将詞によるアフターライブが行われる。

チケットは一般1,800円(当日2,000円)、学生1,500円(当日1,800円)、リピーター券1,000円。また、灯台とスプーングッズを身につけた来場者は100円引きの「グッズ割」もある。予約はチケット予約フォームから。お問い合わせはtoudai.to.spoon@gmail.comまで。


灯台とスプーン 第二回公演『まがいものの乙女たち』

作・演出:田村さえ
日時:2016年2月19日(金)19:00
        20日(土)14:00/18:00★
        21日(日)14:00/18:00
   ★アフターライブあり
会場:紺屋2023 konya-gallery(福岡市中央区大名1-14-28 第一松村ビル202)
料金:一般1,800円(当日2,000円)
   学生1,500円(当日1,800円)
   リピーター券1,000円

【関連サイト】
灯台とスプーン
灯台とスプーン(Twitter)
灯台とスプーン(Facebook)

灯台とスプーン 第二回公演『まがいものの乙女たち』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

LINEで送る
Pocket