小さな国と大きな国の仮面劇

2016.02.13

演劇ユニットぐにゃり(福岡)が第4回公演『野ばら』(原作:小川未明、脚色・脚本:谷岡紗智)を2月19日(金)~20日(土)、福岡市中央区大名の福岡市立青年センターで上演する。

演劇ユニットぐにゃり 第4回公演『野ばら』

舞台は大きな国と小さな国の国境。老人の兵隊と青年の兵隊が、それぞれの国からたった1人ずつ、見張りで立っています。2人はだんだんと仲良くなったのですが、2つの国の間に争いが起こってしまい……。

2012年より活動しているぐにゃりは、現実をぐにゃりと捻じ曲げたような舞台を目指す演劇ユニット。谷岡紗智が主宰を務め、気が向いたときに活動しているというが、2012年には谷岡が作・演出を務めた処女公演『家出』が九州戯曲賞大賞を受賞するなど、確かな実力を持つ。そんなぐにゃりが今回上演するのは、童話作家・小川未明の『野ばら』という話を、仮面劇にしたもの。彼女らの手によってどのような『野ばら』が生まれ落ちるのか期待したい。

4回目の公演となる本作の上演に向けて、ぐにゃりからコメントが届いた。

シンプルで大人も子どももすぐに読める、短くてやさしい物語ですが、昔でも今でも変わらないメッセージを持ったお話だと思います。憲法の問題などが大きく取り上げられている昨今、その事に対して小さくても少しでも、演劇で何かやりたいと思った時に、この話をやりたいなと思いました。セリフをほぼ使わない仮面劇は初めての試みで、試行錯誤をしながらつくっています。役者さんの演技や、演技に合わせて表情を変える手作りの仮面にもぜひ注目してみてください。

出演は、とうどうせいら。利根川真夏。日向和枝(名島表現塾)。

チケットは前売当日共通で500円。予約・お問い合わせはgunyari.gunyari@gmail.comまで。


演劇ユニットぐにゃり 第4回公演『野ばら』

原作:小川未明
脚色・演出:谷岡紗智
日時:2016年2月19日(金)14:00/18:00
        20日(土)12:00/16:30
会場:福岡市立青年センター2階201号室(福岡市中央区大名2-6-46)
料金:500円

【関連サイト】
演劇ユニットぐにゃり(Facebook)

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

LINEで送る
Pocket