九大大橋キャンパス演劇部が本日より卒業公演

2016.03.17

九州大学大橋キャンパス演劇部(福岡)が卒業公演2016『ミラコミラコロックンロール』(脚本:大矢場智之・堀川裕介、演出:井料航希・弥永さえ・廣兼真奈美・岩崎ゆき・斎藤美穂・森友楽)を3月17日(木)~18日(金)、福岡市南区塩原の九州大学大橋キャンパス7号館 1Fワークショップ室で上演する。

九州大学大橋キャンパス演劇部 卒業公演2016『ミラコミラコロックンロール』

ここはとある芝居小屋。つぶれかけの人形劇団を抱える座長は、劇団存続最後の望みをかけ、小屋主に向かって、手作りの人形劇を披露する。

今回の公演は、2年前の新入生歓迎公演で上演した卒業する部員の思い入れのある『ミラコミラコロックンロール』という6本の短編集。6人の演出を立てて上演するのは、精神医学学者が練りに練った大作戦『多重人格』(演出:井料航希)、1つのエレベーターにガールが、あれ、2人?『エレベーターガール』(演出:弥永さえ)、スタンプラリーと山歩き、歌う女、悩む男『ピクニック』(演出:廣兼真奈美)、とある雨の日に出会った、不思議な彼との恋物語『傘』(演出:岩崎ゆき)、苦肉の策『メガネーズ』(演出:斎藤美穂)、起こるか、奇跡!『ミラコミラコロックンロール』(演出:森友楽)の6本。

今回の公演に向けて、九州大学大橋キャンパス演劇部よりコメントが届いた。

今回は卒業生を中心に6人の演出をたて、それぞれの作品を、それぞれが好き勝手に演出しました。その結果、とんでもなく濃い舞台が出来上がった気がします。衣装、舞台、照明、音効も、これまでの経験を活かし、少人数ですがフルスロットルで作り上げています。これまでの感謝の気持ちをこめて、少しでも笑えて温かい時間をお送りできたらと思います。お時間がある方、ぜひ大橋キャンパスまでお越しください!

出演は、井料航希、岩佐健太、岩崎ゆき、斎藤美穂、廣兼真奈美、森友楽、今岡宏朗、藤田萌花、吉田めぐみ。

チケットは、前売300円(当日500円)。予約・お問い合わせは九州大学大橋キャンパス演劇部oohashisotsuko2016@gmail.comまで。


九州大学大橋キャンパス演劇部 卒業公演2016『ミラコミラコロックンロール』

脚本:大矢場智之・堀川裕介
演出:井料航希・弥永さえ・廣兼真奈美・岩崎ゆき・斎藤美穂・森友楽
日時:2016年3月17日(木)18:00
       18日(金)13:30/18:00
会場:九州大学大橋キャンパス7号館 1Fワークショップ室(福岡市南区塩原4-9-1)
料金:前売300円(当日500円)

【関連サイト】
九州大学大橋キャンパス演劇部(Facebook)
九州大学大橋キャンパス演劇部(Twitter)

【関連記事】
九大大橋キャンパス演劇部の現役公演

九州大学大橋キャンパス演劇部 卒業公演2016『ミラコミラコロックンロール』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

LINEで送る
Pocket