下衆會の定番コント公演

2016.04.21

綜合藝能座家下衆會(福岡市)の『月刊下衆會4月号』が4月24日(日)、福岡市博多区上川端のリノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1階にて上演される。

綜合藝能座家下衆會

下衆會は今年「毎月必ずリーズナブルな何かをお客様へ!」をテーマに、『月刊下衆會』として舞台やイベントを行っている。3月からは新人「まる」を迎え、芝居やエンターテインメント性の幅をさらに拡げている。

今回の『月刊下衆會4月号』は、新作漫才を始め、過去のトチオトメン・CAMAMOTOの漫才・コントネタのカバーなど、漫才とコントの5本立て。中でも定番となっているペテン師漫才は3本立てとのこと。

出演は、小林ゆう、作本真穂、nico、石橋半零。

チケットは一律1,000円。予約・お問い合わせはinfo@gesukai.comまで。


綜合藝能座家下衆會『月刊下衆會4月号』

日時:2016年4月24日(日)15:00/18:00
会場:リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1階(福岡市博多区上川端9-35)
料金:1,000円

【関連サイト】
綜合藝能座家下衆會

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket