4年ぶり!飛ぶ劇場版「銀河鉄道の夜」

2016.04.30

飛ぶ劇場(北九州)が『睡稿、銀河鉄道の夜』(作・演出:泊篤志、原作:宮沢賢治)を6月11日(土)~12日(日)に京都市下京区岩戸山町のKAIKAで、6月18日(土)~19日(日)に北九州市八幡東区枝光本町の枝光本町商店街アイアンシアターで上演する。

飛ぶ劇場『睡稿、銀河鉄道の夜』

あの日の午後、教室でうたた寝をしていると、ダカダカポーと汽車の音が聞こえた。銀河にはたくさんの生き物がいた。旅に出ていた、「ほんとうのさいわい」を探しに。

2009年の初演以降、子供から大人まで楽しめる観客参加型の作品として、北は札幌から南は鹿児島までさまざまな場所で上演されてきた『睡稿、銀河鉄道の夜』。4年振りとなる今回は、名古屋、京都、北九州の3か所での公演。今回が本州初上陸となる。なお、名古屋公演については中部日本高等学校演劇連盟愛知県支部主催の公演となっており、一般へのチケット販売は行われていない。

出演は、中川裕可里、森岡光(不思議少年)、木村健二、葉山太司、穴迫信一(ブルーエゴナク)。日替わりゲストとして、京都公演では6月11日(土)大原渉平(劇団しようよ)、12日(日)藤原大介(劇団飛び道具)、北九州公演では6月18日(土)大串到生(劇団ZIG.ZAG.BITE)、19日(日)鄭慶一(枝光本町商店街アイアンシアター代表)が出演。

一般前売2,500円(当日2,800円)、高校生以下1,000円(当日1,300円)。CoRichチケット!、メールinfo@kitaya505.comでの取り扱い。また、本公演と同時期、同会場で公演する札幌の劇団「弦巻楽団」の公演『四月になれば彼女は彼は』とのセット券の販売と、お互いのチケットの半券持参での割引も行われている。詳しくは飛ぶ劇場サイトまで。

予約・お問い合わせはkitaya505 info@kitaya505.com、080-1710-2887(キタムラ)まで。


飛ぶ劇場『睡稿、銀河鉄道の夜』

原作:宮沢賢治
作・演出:泊篤志
料金:一般前売2,500円(当日2,800円)
   高校生以下1,000円(当日1,300円)

【京都公演】
日程:2016年6月11日(土)15:00/19:00
        12日(日)14:00
会場:KAIKA(京都市下京区岩戸山町440番地 江村ビル2F)

【北九州公演】
日程:2016年6月18日(土)15:00/19:00
        19日(日)12:00/16:00
会場:枝光本町商店街アイアンシアター(北九州市八幡東区枝光本町8−26)

【関連サイト】
飛ぶ劇場
飛ぶ劇場(Facebook)
飛ぶ劇場(Twitter)

【関連記事】
弦巻楽団がコンクール最優秀賞作を北九州で上演

飛ぶ劇場『睡稿、銀河鉄道の夜』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket