(劇)池田商会15周年のラストを飾るのは

2016.05.01

(劇)池田商会(福岡)の劇団内ユニット瀧猫亭が『クロキモノ』(作・演出:瀧本雄壱)を5月26日(木)〜29日(日)、福岡市博多区祇園町のぽんプラザホールで上演する。

(劇)池田商会15周年記念公演 瀧猫亭『クロキモノ』

その昔、黒木地方に「猫尾城」と「高牟礼城」という二つの城があった。本城猫尾城は黒木家当主にして筑後十五城大身、黒木兵庫頭家永が治め、支城である高牟礼城は黒木家重臣椿原式部正治が治めていた。黒木家の縁者でもある椿原は家永を尊敬し、生涯の忠義を心に決めていた。1584年、黒木領は戦乱の世の集大成としての大勢力同士による争奪戦に巻き込まれていく。小勢力である彼らクロキモノ達は果敢にも戦うが、3万あまりの軍勢に囲まれ、窮地に立たされる。そんな中、椿原は一人の女人と出会う。女人は予言する。
「これよりあなた様は大いなる運命の渦に巻き込まれましょう。ですが運命に抗うすべとして、己が指、椿の花に同じ、五つの望みをかなえる事ができまする。」
椿原の心に炎がともった。それは、心の隅に追いやった野心という名の炎であった。

2000年に結成された(劇)池田商会は、昨年で15周年を迎えた。本公演は15周年記念公演のラストを飾る公演となる。現在の八女市黒木町近郊に実在した「猫尾城」と「高牟礼城」を舞台として、史実「黒木合戦」とシェイクスピアの不朽の名作『マクベス』をモチーフに物語を構築する。

出演は、瀧本雄壱、松本裕子、髙橋名都美、中村大介、三原宏史、久保大輔、安倍祐馬、矢野真由美、山中麻美、甲斐光、藤井啓子、松山彩香、鮫島亜貴衣/國廣欣孝、川崎和哉(96文字)、藤野大成、川田栞里。

チケットは、前売2,300円(当日2,800円)、ペア割4,000円(※同日同時入場のみ)。5月27日(金)14時の回は特別価格1,800円。また、15周年記念公演期間中の6公演すべてのチケットの半券を持参した場合、500円となるお得な「こだ割」もある。

お問い合わせは(劇)池田商会制作部080-4227-0441、info@geki-ikeda.comまで。


(劇)池田商会15周年記念公演 瀧猫亭『クロキモノ』

作・演出:瀧本雄壱
日時:2016年5月26日(木)19:00★
        27日(金)14:00/19:00
        28日(土)14:00/19:00
        29日(日)14:00
   (★アフタートークあり)
会場:ぽんプラザホール(福岡市博多区祇園町8-3)
料金:前売2,300円(当日2,800円)
   ペア割4,000円(※同日同時入場のみ)
   平日昼割1,800円(※27日(金)14時公演のみ)

【関連サイト】
(劇)池田商会
『クロキモノ』特設サイト
(劇)池田商会(Twitter)

(劇)池田商会15周年記念公演 瀧猫亭『クロキモノ』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

LINEで送る
Pocket