結末は288通り、物語の結末は観客が決める

2016.05.03

ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』(原作:チャールズ・ディケンズ、脚本・歌詞・作曲:ルパート・ホームズ、上演台本・演出:福田雄一)が5月14日(土)~15日(日)、福岡市中央区天神の福岡市民会館で上演される。

『エドウィン・ドルードの謎』

ここ“ロワイヤル音楽堂”では、座長の挨拶のもと、今宵も芝居が始まろうとしていた。タイトルは『エドウィン・ドルードの謎』。青年エドウィン・ドルードは婚約者ローザと結婚をしたら、エジプトに引っ越して起業しようと計画していた。しかし、エドウィンの叔父でローザを秘かに執着的に愛するジャスパー、同じくローザに一目ぼれしたインド出身の青年ネヴィル、そしてローザといわくがありそうな阿片窟の女主人パファーなど、様々な人物の思惑が入り乱れ、彼らの周りには不穏な空気が漂っている。外は荒れ模様のクリスマスの夜、ジャスパー宅にエドウィンとローザ、ネヴィルと双子の姉妹のヘレナ、牧師のクリスパークルが集まる。案の定、エドウィンとネヴィルは言い争いになり、嫌な雰囲気を残したままパーティはお開きに。すると翌朝、エドウィンが行方不明になっているという報告が。エドウィンはネヴィルに殺されたのだと主張するジャスパーと市長のサプシー。しかしネヴィルは犯行を真っ向から否定。ローザもエドウィンが死んだとは認めたくないと悲嘆にくれるが―。

『エドウィン・ドルードの謎』

と、ここまではチャールズ・ディケンズによる原作どおり。しかしディケンズは、この続きを書くことなく亡くなってしまった。それでは続きは一体どうなるのか? エドウィンを殺した犯人は誰なのか? そもそもエドウィンは本当に死んだのか? ここから先を決めるのは、観客であるアナタ! “ロワイヤル音楽堂”の俳優達が演じる登場人物から、皆様の投票制で犯人を選出。他にも犯人に迫る探偵役や物語らしくハッピーエンドで終わるためのカップル役を選んだり、その組み合わせはなんと288通り! あなたの1票が物語を決めるのだ!

『エドウィン・ドルードの謎』

よくよく考えると怪しい人物だらけのこの物語。鬼才・福田雄一ワールド全開による笑いの渦に巻き込まれながら、推理とひらめきで犯人を決めるのもよし、一押しキャストの出番を増やすために投票するもよし。今宵の結末は、はたしてどうなることやら……。

出演は、山口祐一郎、壮一帆、平野綾、水田航生、瀬戸カトリーヌ、コング桑田、今拓哉、保坂知寿、池田紳一、高原紳輔、横山達夫、堀江慎也、伯鞘麗名、遠藤瑠美子、福田えり、可知寛子。

チケットは全席指定S席11,500円、A席9,000円。25歳以下が利用出来るU-25は5,000円(当日座席指定・交換時要身分証)。ピクニックチケットセンター、チケットぴあ(Pコード:448-096)、ローソンチケット(Lコード:84661)、e+での取り扱い。お問い合わせはピクニックチケットセンター050-3539-8330まで。


『エドウィン・ドルードの謎』

原作:チャールズ・ディケンズ(「エドウィン・ドルードの謎」)
脚本・歌詞・作曲:ルパート・ホームズ
上演台本・演出:福田雄一
日時:2016年5月14日(土)13:00/18:00
        15日(日)13:30
会場:福岡市民会館(福岡市中央区天神5-1-23)
料金:全席指定S席11,500円
   A席9,000円
   U-25チケット5,000円(当日座席指定・交換時要身分証)

【関連サイト】
ピクニック『エドウィン・ドルードの謎』公演詳細ページ

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket