風三等星の新作は、昭和初期の映画人たちの物語

2016.05.26

劇団風三等星(福岡)が『さよなら鞍馬天狗』(脚本・演出:広瀬健太郎)を6月3日(金)~5日(日)、福岡市博多区祇園町のぽんプラザホールで上演する。

劇団風三等星 2016夏公演『さよなら鞍馬天狗』

福岡のベテラン劇団、風三等星の2016年夏公演は、娯楽映画に情熱を傾け、人生を捧げた昭和初期の映画人たちの物語。

出演は、梶川竜也、小沢健次、井上雄介、丸山静、広瀬健太郎(以上、風三等星)、八尋桂子。

チケットは、一般前売1,500円(当日1,800円)、高校生以下前売1,200円(当日1,500円)。予約はCoRichチケット!から。

お問い合わせは劇団風三等星kaze3tose1021@yahoo.co.jpまで。


劇団風三等星 2016夏公演『さよなら鞍馬天狗』

脚本・演出:広瀬健太郎
日時:2016年6月3日(金)19:00
        4日(土)14:00/19:00
        5日(日)14:00
会場:ぽんプラザホール(福岡市博多区祇園町8-3)
料金:一般1,500円(当日1,800円)
   高校生以下1,200円(当日1,500円)

【関連サイト】
劇団風三等星
劇団風三等星(Facebook)
劇団風三等星(Twitter)

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket