ネクステージが福岡の若手に無料で公演撮影サービス開始

2016.05.27

株式会社ネクステージ(大阪)が演劇動画配信サービス「観劇三昧」で配信する動画の撮影を、福岡・東京の結成3年以内のカンパニーに対して初期費用無料で行う。

観劇三昧

株式会社ネクステージは「観劇三昧」の運営のほか、電子チケットサービス「演劇パス」の運営や「観劇三昧 日本橋店」での演劇グッズを販売などを行っている。このほど、関西の劇団向けに行われていた「観劇三昧・撮影サポートプラン」を福岡と東京の若手劇団にも提供することを発表した。これは結成3年以内の劇団を対象とし、「観劇三昧」で配信する動画を初期費用無料で撮影するというもの。残りの諸費用は、動画配信で得られるロイヤリティーで支払う。ネクステージから、今回のサポートについてコメントが届いた。

株式会社ネクステージでは、「表現者の未来をつくる」という企業理念のもと、演劇業界を盛り上げるためのサービスをおこなっています。オンライン観劇サービス【観劇三昧】は、登録されている演劇動画の全作品を、月額980円でスマホ・タブレットやPCでオンライン視聴することができるというサービスです。作品を配信する劇団へは、作品の再生回数に応じて、ロイヤリティーをお支払いしております(有料作品のみ)。サポートプランでは、【観劇三昧】で作品を配信していただくことを条件に、結成から3年以内の劇団の公演の撮影費用を弊社でサポートします。編集された映像はDVDとして販売することもできます。結成まもない劇団が作品の雰囲気を伝えるために、公演映像を活用していただければうれしいです。

「観劇三昧」では2016年5月末時点で、131団体の402作品が配信されている。九州の団体では、あなピグモ捕獲団、劇団go to、万能グローブ ガラパゴスダイナモスなど、福岡の劇団の7作品を観ることができる。九州では福岡のみ対象の「観劇三昧・撮影サポートプラン」だが、今後は撮影協力者が増えれば他県へのサービス拡大も考えているとのこと。

演劇作品を映像で観ること/見せることについては、抵抗があるひともいるかもしれないが、観客にとっては、気軽に日本全国の演劇作品を観ることができ、気になっていたカンパニーのこれまでの作品を、実際にチケットを購入する前に楽しめるというメリットがある。また、カンパニーにとっても、ツアーなどを行う際のプレゼンの場として利用もできる。この機会に福岡の若手劇団が「観劇三昧・撮影サポートプラン」を積極的に活用することに期待したい。

「観劇三昧・撮影サポートプラン」の詳細は演劇.jpまで。

【関連サイト】
観劇三昧
演劇.jp
株式会社ネクステージ

※記事初出時、サービス名に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket