ばぁくう読演第74回は杉本秋子の『秋鯖』

2016.07.26

演戯集団ばぁくう(福岡)が佐藤順一読演74『秋鯖』(作:杉本章子)を8月10日(水)・20日(土)、福岡市中央区六本松のアトリエ戯座で上演する。

演戯集団ばぁくう 佐藤順一読演74『秋鯖』

日本橋伊勢町の米問屋井筒屋の若女将おたみは、嫁入って七年。今日も二人の娘の躾や、店の切回しに忙しい毎日を送っている。優しい姑の手前、跡取りを生していないのも肩身が狭い。そんなある日、亭主の様子が……? 江戸の時代にも、夫婦の危機が……!? 杉本章子の江戸情緒をお楽しみに。

毎月10日と20日に開催されるばぁくうの読演。今回は「東京新大橋雨中図」で第100回直木三十五賞を受賞した八女市出身の小説家、杉本章子の「秋鯖」を上演する。

チケットは前売当日ともに1,500円。

予約・お問い合わせは演戯集団ばぁくうnrd47497@nifty.com、092-736-1220(ナカノ)まで。


演戯集団ばぁくう 佐藤順一読演74『秋鯖』

作:杉本章子(文春文庫「春告鳥~女占い十二か月~」より)
日時:2016年8月10日(水)15:00/19:00
        20日(土)15:00/19:00
会場:アトリエ戯座(福岡市中央区六本松4-11-25-5F ばぁくう内)
料金:1,500円

【関連サイト】
演戯集団ばぁくう
演戯集団ばぁくう(Facebook)

【関連記事】
演戯集団ばぁくう記事一覧

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

LINEで送る
Pocket