恋愛体質が、人間の脳の不思議を描き出す新作

2016.07.29

恋愛体質(福岡)が監禁PORTE case.1『アイデンティティクライシス』(脚本・演出:迫雅貴)を8月9日(火)~10日(水)、甘棠館Show劇場で上演する。

恋愛体質 監禁PORTE case.1『アイデンティティクライシス』

人の目に映っているものは果たして全て真実なのでしょうか? 私たちに未来はあるのか、過去はあったのか、現在とは何なのか? 「日常」を過ごす普通の女子大生「明世」に突如降りかかる「非日常」的出来事の数々。「今、この世界」の存在を否定され「この世界は虚構だ」という真理に触れてしまった時、人間の脳は、脳を動かす電気信号は、いったいどうなってしまうのか。ふと、考えてしまうと何か怖いような、でも気になるような。そんなお話。いつものはちゃめちゃナンセンスコメディとはちょっと違う、「監禁PORTE」ならではの世界をお届けします。

監禁PORTE(カンキンポルテ)とは、「人間が人間であるが故に生まれてしまう闇」を役者のリアルな空気感や時間の流れに映像や音の効果を加えて表現していく、恋愛体質の別レーベル。舞台上に生まれる緊張感や不協和音を見ている人にも感じさせる一種の「体感型舞台」を目指すものとなっている。

脚本・演出の迫雅貴からメッセージが届いた。

今回は漫画的なハチャメチャコメディではなく、人間が心の闇に触れてしまう模様を観察する不気味な作品を作っています。テーマは「愛と鬱と脳」です。自身の実体験も作品に投影しながら、人間の心の弱さ脆さを描きます。と、同時に人間の脳の不思議にも触れていきます。脳という存在は何なのか。自我とは何なのか。この世界、見えているものは現実なのか。死ぬとはどういうことなのか。なんていう考えたらきりがないような眠れなくなるような、でも人間必ず一度は考えてしまって眠れなくなる、そんなテーマです。平日公演ではありますが、恋愛体質にとっても挑戦的な作品になっていますので、ぜひ多くの方に見ていただきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

出演は、池田義史、片山典子(以上、恋愛体質)、町田美乃里、石丸聡史(Sonsofliberty)、垣内大(突発性演劇団体Oweh!)、梅田梨紗(96文字)、菰田麻美、服巻美紀、小山椋汰(劇団天地)。

チケットは一般2,000円(当日2,500円)、学割1,500円(要学生証・要予約)。CoRichチケット!、メールでの取り扱い。

お問い合わせは恋愛体質制作unit_ren_ai_taisitu@yahoo.co.jp、090-7167-5644まで。


恋愛体質 監禁PORTE case.1『アイデンティティクライシス』

脚本・演出:迫雅貴
日時:2016年8月9日(火)15:00/19:30
        10日(水)12:00/16:00
会場:甘棠館Show劇場(福岡市中央区唐人町1-10-1-2F)
料金:一般2,000円(当日2,500円)
   学割1,500円(要学生証・要予約)

【関連サイト】
恋愛体質
恋愛体質(Twitter)

恋愛体質 監禁PORTE case.1『アイデンティティクライシス』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket