必要なのは100円玉1枚

2015.01.28

Nomad(北九州)のDENGEKIリベンジ公演『竜とあたくし』(作・演出:工藤菜香)が、3月21日(土)、福岡市中央区大名の福岡市立青年センターで上演される。


Nomad DENGEKIリベンジ公演『竜とあたくし』

2014年10月11日に熊本県の早川倉庫にて開催されたDENGEKI vol.3にて上演された『竜とあたくし』。これを大幅に書き換え、リベンジ公演として更なるパワーアップを目指す。

身体のほとんどを機械化された元人間の「あたくし」は無人島に流され、敵国の怪しげな飛行機や戦艦の侵入を防ぐ仕事をしていた。物騒な日々だったが、島の動物たちと過ごした穏やかな日々は「あたくし」の人生の安息だった。しかし、幸せな日々は「竜」の漂着により姿を変え、「あたくし」は生きる意味について向き合っていく……。

作者である工藤菜香の突き抜けた想像力を、役者の鈴木春弥が立体化し、唯一無二の世界を構築するという本作品。気軽に手軽に良いものを提供したいという思いから、ワンコイン100円という破格の値段に設定している。

チケットは予約受付中。CoRichチケット!、公演特設サイトの予約フォーム、メールAQjishak@gmail.com及び080-1791-5167(スズキ)まで。


Nomad DENGEKIリベンジ公演『竜とあたくし』

作・演出:工藤菜香
日時:2015年3月21日(土)15:00/18:00
会場:福岡市立青年センター(福岡市中央区大名2丁目6番46号)
料金:100円

【関連サイト】
『竜とあたくし』公演特設サイト

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket