舞囃子・狂言・能が一度に楽しめる『葵上』

2016.08.25

福岡出身の観世流能楽師・今村嘉太郎が能のカタチ『葵上』を9月3日(土)、福岡市中央区大濠公園の大濠公園能楽堂で上演する。

能のカタチ『葵上』

プログラムは舞囃子『高砂』、狂言『棒縛』、能『葵上』の3演目。能『葵上』の上演前には元NHKキャスターの古賀千尋が『葵上』の詞章を読み、解説も行われる。舞囃子『高砂』は結婚式で、狂言『棒縛』は歌舞伎などでも人気の演目で、さまざまな演目を一度に楽しめるプログラムとなっている。今回の公演にあたって今村嘉太郎からメッセージが届いた。

能の人気曲の1つ『葵上』は源氏物語 葵の巻を題材にした曲です。今回は若い世代にも能楽堂に足を運んで欲しいと思い、25歳以下は2,500円にしました。公演時間も2時間と短く、解説にも力を入れているので、初めて見る方にもオススメの舞台です。

出演は、今村嘉太郎、吉良博靖、吉住講ほか。

チケットは全席自由で5,000円、25歳以下2,500円。チケットの取り扱いは大濠公園能楽堂(093-715-2155)、チケットぴあ(Pコード:451-421)、ローソンチケット(Lコード:83335)、今村嘉太郎(092-841-4800)。

お問い合わせは070-5416-2621(今村)まで。


能のカタチ『葵上』

日時:2016年9月3日(土)14:30
会場:大濠公園能楽堂(福岡市中央区大濠公園1-5)
料金:全席自由5,000円
   25歳以下2,500円(要身分証明書)

【関連サイト】
今村嘉太郎

能のカタチ『葵上』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket