いよいよ開幕!浮足町アンダーグラウンド

2016.09.10

まどかぴあ舞台創造プログラム プロデュース公演『浮足町アンダーグラウンド』(作・演出:内藤裕敬(中島かずき作「浮足町アンダーグラウンド」より))が本日幕を開ける。この公演は大野城まどかぴあで初日を迎えた後、八代・宮崎でも上演される。

まどかぴあ舞台創造プログラム プロデュース公演『浮足町アンダーグラウンド』

浮足町は炭鉱の町。長年、石炭を掘り出すことで栄えてきた。だがこの町には地の底に隠した大きな秘密があった。それは人造採掘人間ホランド—。町の危機に、立ち上がったり座り込んだり地に潜ったり、住民達は大騒ぎ。果たして浮足町の存亡は!?

今年開館20周年を迎える大野城まどかぴあ。新たに挑戦・発信をおこなっていくことを目的に行われる今回の公演では、開館当初から大野城まどかぴあの事業に関わりのある、劇団☆新感線の座付作家で福岡県出身の劇作家・中島かずきの書き下ろし作品を原作に、南河内万歳一座座長の内藤裕敬が作・演出を務め、地元・大野城市出身で現在の日本演劇界を牽引する俳優のひとりである池田成志が出演する。そのほかに、180人の応募者の中からオーディションで選ばれた14人が、8月から1か月の稽古を経て舞台に立つ。

途中、中島かずきの作品から急遽内藤裕敬の書き下ろしに変更になるという紆余曲折を経たものの、まどかぴあ20周年の集大成として、よい作品をつくろうと全員が一丸となって取り組んだこの舞台。大野城を経て八代・宮崎でどのように花開くか見守りたい。

出演は、池田成志、阿部周平(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)、岩本将治、岡武史、木内里美(Theちゃぶ台)、元一(サンピリ)、小湊倫子、酒瀬川真世、椎木樹人(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)、高野由紀子(演劇関係いすと校舎)、中村大介((劇)池田商会)、中村雪絵、松岡優子(ゼロソー)、山下晶(グレコローマンスタイル)、横山祐香里(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)。

チケットは一般3,000円(当日3,500円)、U25割1,500円(当日取り扱いなし)。なお、作家の変更に伴う払い戻しも各会場で受け付けている。

お問い合わせは大野城まどかぴあ092-586-4000、八代市厚生会館0965-32-3196、メディキット県民文化センター チケットセンター0985-28-7766まで。


まどかぴあ舞台創造プログラム プロデュース公演『浮足町アンダーグラウンド』

作・演出:内藤裕敬(中島かずき作「浮足町アンダーグラウンド」より)
料金:一般3,000円(当日3,500円)
   U25割1,500円(当日取り扱いなし)

【大野城公演】
日時:2016年9月10日(土)14:00/19:00
        11日(日)14:00
会場:大野城まどかぴあ 大ホール(大野城市曙町2-3-1)

【八代公演】
日時:2016年9月14日(水)18:30
会場:八代市厚生会館(八代市西松江城町1-47)

【宮崎公演】
日時:2016年9月17日(土)19:00
        18日(日)14:00
会場:メディキット県民文化センター(宮崎市船塚3-210)

【関連サイト】
大野城まどかぴあ『浮足町アンダーグラウンド』公演詳細ページ

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket