えんぎの日がベケット戯曲を上演

2016.09.14

えんぎの日(福岡)が『しあわせな日々』(作:サミュエル・ベケット、演出:Daniele Leoni)を10月1日(土)〜2日(日)、福岡市中央区大名のkonya-galleryで上演する。

えんぎの日『しあわせな日々』

『しあわせな日々』は、不条理劇で知られるサミュエル・ベケットの戯曲。福岡に住んで3年になるという若きイタリア人Daniele Leoniが演出をする。Danieleはイタリアで演劇の俳優と監督をしており、ミラノの大学では演劇と映画を専攻、福岡に移り住んでコンテンポラリーダンスをしている。

今回演劇を上演したい気持ちが高まり、ベケットのコメディー『しあわせな日々』を選んだ。この作品の登場人物と日本人の考えがそっくりだからだとDanieleはいう。最近福岡では海外の戯曲の上演や、外国人演出家による上演が増えている。不条理ゆえに難解なイメージのあるベケットの戯曲に、外国人が日本でどう挑むのか、ぜひ確かめてほしい。

出演は、Keiko Takano、Daniele Leoni。

料金は1,000円。

予約・お問い合わせはenginohi@gmail.comまで。


えんぎの日『しあわせな日々』

作:サミュエル・ベケット
演出:Daniele Leoni
日時:2016年10月1日(土)19:30
        2日(日)19:30
会場:konya-gallery(福岡市中央区大名1-14-28 第一松村ビル2F)
料金:1,000円

【関連サイト】
えんぎのひ

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket