HallBrothersが意欲作でロングラン

2016.10.11

劇団HallBrothers(福岡)が『中央区今泉』(作・演出:幸田真洋)を11月11日(金)~20日(日)、福岡市東区千早の千早音楽・演劇練習場 大練習室で上演する。

劇団HallBrothers『中央区今泉』

福岡のおしゃれスポット今泉。

セレクトショップに美容室、カフェや個性的な居酒屋、ハイソなマンション……人生を華やかに彩ってくれるモノがここにはある。
ここに来れば楽しいことがある。
ここにいれば人生が変わる。
華やかで楽しい時間が永遠に続く。
そう思っていた。けれど―

長年雑貨屋を構えてきたが、寄る年波には勝てずしんどくなってきた女店主、大きな夢と野望を抱えて出てきたが、才能のなさに絶望している青年、結婚を望む相手の気持ちに応えたくても応えきれないフリーター、今のままではダメだと焦燥は募るが、何をすればいいのかわからない若者……

華やかなモノの裏には、同じくらいに濃い影がある。

今泉で生きる人々の夢と希望、挫折、そして自分らしい生き方を描いた群像劇。

昨年9月に福岡市立中央市民センターで上演され、平成27年度希望の大地の戯曲「北海道戯曲賞」最終候補となった『中央区今泉』が早くも再演。今回の再演にあたって、作・演出の幸田より意気込みや見どころが届いた。

この作品は若者のまち・福岡市中央区今泉を舞台に青春の終わりと始まりを描きました。何かになろうと必死でもがいている青春真っ只中の若者と、何かになったけれど終わりが近づいてきている中年と。ハタチからアラフォーまで在籍するHallBrothersだからこそできる群像劇です。自由に生き方を選べる現代、しかし自由だからこそ迷ったり不安になったり、行先を見失ったり……人々の悩みは深まっているように感じます。そんな人々の、何かしらのヒントになれるといいなと思ってこの作品を作りました。
今回再演するに当たって(初演は昨年9月)読み返してみると、我ながら「いいセリフがたくさんあるなあ」と感心しました(笑)。(笑)とか冗談めかしていますが、冗談ではなく、ホントにいいです。是非、劇場へお越しください。
あ、三階建て雑居ビルという巨大な装置も見どころです。福岡ではあまりお目にかかれない群像劇をお見せできると思います。

九州の劇団が主催する公演としては異例の、休演日含めて10日間全11ステージというスケジュールから、劇団の本作に対する並々ならぬ意欲が伺える。

出演は、萩原あや、坂井操、永倉亜沙美、松田華佳、堀内葵、唐島経祐、高柳一輝、大塚雄太、幸田真洋、高田知学(劇団奇譚書庫)、倉本星華(九州ビジュアルアーツ)、峰尾かおり。

チケットは1,800円(当日2,000円)。ローソンチケット(Lコード:81608)、劇団HallBrothersでの取り扱い。そのほか、プレビュー公演、レディースデー、メンズデーを設定して割引を行うほか、自宅、会社等の住所や名前が「今泉」限定の今泉割なども行う。

お問い合わせは劇団HallBrothersまで。


劇団HallBrothers『中央区今泉』

作・演出:幸田真洋
日時:2016年11月11日(金)19:30(プレビュー公演)
        12日(土)14:30/19:00
        13日(日)14:30
        14日(月)19:30
        16日(水)19:30(レディースデー割引)
        17日(木)19:30
        18日(金)19:30(メンズデー割引)
        19日(土)14:30/19:00
        20日(日)19:30
会場:千早音楽・演劇練習場 大練習室(福岡市東区千早4-21-45)
料金:1,800円(当日2,000円)
   プレビュー公演500円
   レディースデー割引1,500円
   メンズデー割引1,500円

【関連サイト】
劇団HallBrothers
劇団HallBrothers(Facebook)
劇団HallBrothers(Twitter)

【関連記事】
かつて暮らした街とその想いを描く

劇団HallBrothers『中央区今泉』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket