モノクロラセン、劇団化後初の公演

2016.10.24

モノクロラセン(福岡)が『宅見宗一の穏やかな黄昏』(作・演出:村井善幸)を11月5日(土)〜6日(日)、福岡市博多区祇園町のぽんプラザホールで上演する。

モノクロラセンpresents 『宅見宗一の穏やかな黄昏』

宅見宗一はごく平凡なサラリーマン。
定年間際まで働きづめで、家庭も、自らの生活も振り返ることもなかった男。
彼がふと自分の人生をたどり直したとき、そこにはこの国の歩みがはっきりと見て取れた。
荒れ果てたあの時代も、確かに進んだあの時も、
浮かれた熱狂も落ち込んだ暗闇もすべてまとめてお送りする、人生のドラマをご覧あれ。

村井善幸によるソロユニットとして活動していたモノクロラセン。今年から劇団として5名の劇団員を迎えての活動をスタートし、今回が劇団化して初めての公演となる。今回の作品は、ひとりの男の人生を通して、誰しも経験したことのある思い出を追想できるという。劇団員に加え多彩な客演陣も集まり、どの俳優も魅力的な一面を観ることができる。

出演は、木下智之、薔薇園花江、的野将幸(以上、モノクロラセン)、篠田昌人(劇団ピロシキマン)、高田一彦、ちる(演劇創作館椿楼)、塚本悠乃、西山太一、山田和音。

チケットは一般前売2,000円(当日2,200円)、学生前売1,500円(当日1,700円)。予約フォームから予約可能。

お問い合わせはモノクロラセンmonochrorasen@gmail.comまで。


モノクロラセンpresents 『宅見宗一の穏やかな黄昏』

作・演出:村井善幸
日時:2016年11月5日(土)14:00/19:00
        6日(日)13:00/18:00
会場:ぽんプラザホール(福岡市博多区祇園町8-3)
料金:一般前売2,000円(当日2,200円)
   学生前売1,500円(当日1,700円)

【関連サイト】
モノクロラセン
モノクロラセン(Twitter)

モノクロラセンpresents 『宅見宗一の穏やかな黄昏』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket