福岡で、音響に特化した実践型ワークショップ開催

2016.12.15

1月21日(土)、福岡市南区大橋のゆめアール大橋で、『音でこんなに変わるんだ! 演劇音響ワークショップ』が行われる。

ゆめアール大橋に舞台を模擬したスペースをつくり、実際に複数のスピーカーを仕込んで音の方向や音質を変えて聴き比べをするこの企画。どうすればより説得力のある、面白みのある音を作っていけるかをじっくり考えるきっかけになることを目標としているという。

芝居のワンシーンで音が必要なときに、自分ならどう仕込むか? それを実践するためにはどういうシステムを組むか? などの意見を出し合い、実際にスピーカーを配置しながら聴き比べを行う。実際の現場で時間的な余裕がなく、「鳴ればOK」で済ませてきたカンパニーにとって、音響についてもう一歩踏み込んで考えるきっかけにしてほしい。

音響の担当者はもちろんのこと、劇団代表、演出、役者のほかに、制作者にもぜひ参加してほしいとのこと。

料金は無料。要事前申込。申込ページから申込可能。

お問い合わせはNPO法人FPAP info@fpap.jp、050-5885-8151まで。


『音でこんなに変わるんだ! 演劇音響ワークショップ』

日時:2017年1月21日(土)18:00~21:00
会場:ゆめアール大橋(福岡市南区大橋1-3-25)
対象:劇団の音響担当者、劇団代表、演出家、役者・制作などで音に興味がある人
服装:動きやすい格好(スニーカー、ズボン)
持物:筆記用具、あれば作業用手袋(軍手可)
料金:無料(要事前申込)

【関連サイト】
音でこんなに変わるんだっ!演劇音響ワークショップ(Facebook)

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket