一瞬たりとも目が離せない推理劇『スルース~探偵~』

2016.12.21

パルコ・プロデュース『スルース~探偵~』(作:アンソニー・シェーファー、演出:深作健太)が1月14日(土)、福岡市早良区百道のももちパレスで上演される。

マイロ・ティンドルはある日、著名なミステリー作家のアンドリュー・ワイクから呼び出しを受ける。実はマイロは、アンドリューの妻とひそかに付き合っていたのだ。不倫の追及を受けるものと思っていたマイロだったが、アンドリューは「浪費家の妻にはほとほと困り果てていた」「私にも素敵な愛人がいる」と切り出し、自宅の金庫に保管している宝石を、泥棒に扮して盗んで欲しいと言い出した。宝石には盗難保険がかかっているため、双方に利益があるのだと言う。あまりにも虫の良い話だったが、金銭的に厳しいマイロはアンドリューの筋書きどおりに、珍妙な手順で宝石を盗み始めるが……。
一瞬たりとも目が離せない、男優二人の実力が拮抗して魅せてくれる最後の最後まで何が本当かわからない推理劇!

「フレンジー」「ナイル殺人事件」「地中海殺人事件」などの映画脚本でも知られているアンソニー・シェーファーの幻の舞台『スルース~探偵~』。著名なミステリー作家のアンドリュー・ワイクと、その妻の愛人である若い男のマイロ・ティンドルが対峙するサスペンス劇で、二人の男たちの騙し合いに観客までもが翻弄される。1970年に書き下ろされた本作は、ロンドンとニューヨークでロングランを重ね、1971年にはトニー賞演劇作品賞、エドガー賞を受賞している。翌年には映画化され、アカデミー賞にもノミネートされた高い人気を誇る作品だ。

出演は、西岡德馬、音尾琢真(TEAM NACS)。

チケットは全席指定7,500円。25歳以下対象のU-25チケットは4,000円。ピクニックチケットセンター、チケットぴあ(Pコード:454-811)、ローソンチケット(Lコード:83681)、e+での取り扱い。

お問い合わせはピクニックチケットセンター050-3539-8330(平日11:00〜17:00)まで。


パルコ・プロデュース『スルース~探偵~』

作:アンソニー・シェーファー
演出:深作健太
日時:2017年1月14日(土)14:00
会場:ももちパレス(福岡市早良区百道2-3-15)
料金:全席指定7,500円
   U-25チケット4,000円(観劇時25歳以下対象・当日指定席券引換・要身分証明書)

【関連サイト】
『スルース~探偵~』
ピクニック『スルース~探偵~』公演詳細ページ

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

LINEで送る
Pocket