本日開幕!飛ぶ劇場のいつもと少し違う短編作品集

2017.03.03

飛ぶ劇場(北九州)が平成28年度『北九州芸術工業地帯』関連企画「ぶらり♪まちなか劇さんぽ」参加作品、短編戯曲リーディング『好きとか先生、責めないで』(作・演出:泊篤志)を3月3日(金)~5日(日)、北九州市小倉北区浅野のcafe causaで上演する。

『好きとかもう言えない』
2014年12月、国民文化祭かごしま2015伊佐市主催事業いさ演劇祭プレ企画「公民館ツアー」にて上演。男女の三角関係が織りなすほんのりせつないお話。

『先生のお葬式』
2014年5月、ニットキャップシアター第34回公演『月がみていた話』にて上演。生前様々な人物から慕われていた先生にまつわる少し不思議なお話。

『苦しめないで、責めないで』
2014年4月、豊永英憲・中村雪絵『イエスタデイワンスモア』にて上演。男女の性や愛を描いたポップなお話。

本作は、泊篤志が2014年に飛ぶ劇場以外の各所で書き下ろした短編作品集。北九州では未発表の『好きとかもう言えない』『先生のお葬式』『苦しめないで、責めないで』の3作品を、飛ぶ劇場俳優陣に客演を加え、リーディング形式で上演する。飛ぶ劇場から「ぶらり♪まちなか劇さんぽ」の魅力と今回の作品の見どころについて、コメントが届いた。

●劇さんぽという企画の魅力について

この企画は小倉のまちなかで行われているのですが、様々な劇団が立て続き公演を行うことが面白い点のひとつだと思います。この短い期間に、テイストも多種多様な公演がたくさん行われることは、この企画ならではです。気軽に、いろんなお芝居をお楽しみ頂ければと思います。

●今回の公演のみどころ

今回の短編集は、代表の泊篤志が飛ぶ劇場以外の公演に書き下ろしたものです。日頃の飛ぶ劇場ではなかなかお見せすることのない作品達、作風ですので、そこをお楽しみ頂ければと思います。さらに今回は、先日同企画で公演をされた、劇団C4の前元優子さんと、福岡でご活躍の中村雪絵さんを客演にお招きしました。お2人の暴れっぷりにもぜひご注目頂ければと思います。

出演は、桑島寿彦、木村健二、文目卓弥、宇都宮誠弥、角友里絵、佐藤恵美香(以上、飛ぶ劇場)。前元優子(劇団C4)、中村雪絵。

チケットは、前売当日共通で1,000円(1ドリンク付)。

予約・お問い合わせはinfo@tobugeki.com、093-372-0299まで。


平成28年度『北九州芸術工業地帯』関連企画「ぶらり♪まちなか劇さんぽ」参加作品
飛ぶ劇場 短編戯曲リーディング『好きとか先生、責めないで』

作・演出:泊篤志
日時:2017年3月3日(金)19:00
        4日(土)14:00/18:00
        5日(日)13:00/16:00
会場:cafe causa(北九州市小倉北区浅野2-12-14)
料金:一般1,000円(前売当日共通・1ドリンク付き)

【関連サイト】
飛ぶ劇場
飛ぶ劇場(Twitter)
平成28年度『北九州芸術工業地帯』関連企画「ぶらり♪まちなか劇さんぽ」

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

LINEで送る
Pocket