諫早独楽劇場が仕掛ける演劇プロジェクト

2017.04.10

諫早独楽劇場(諫早)がシアターバー「フォルクテイル」旗揚げ公演を4月21日(金)~22日(土)、諫早市八天町の諫早独楽劇場で上演する。

独楽劇場のシアターバー「フォルクテイル」旗揚げ公演

長崎市の東側に隣接する諫早市。「劇トツ×20分」優勝などで注目を集めている劇団ヒロシ軍の本拠地でもある。ここ諫早で、演劇や音楽ライブ、寄席などさまざまなイベントを企画運営している諫早独楽劇場が、「フォルクテイル」という団体を立ち上げて旗揚げ公演を行う。幾何雨を立ち上げた、劇場スタッフのひとりでもある中野俊太郎は、「独楽劇場のBARをもっと盛り上げたい! との思いから発足したこの企画。あれよあれよという間に自分が演出を務めることとなり、脚本を探してもピンと来ず。それならばと書いてみて、気が付けば約10年の演劇生活の中で初めての作・演出に。自分の考え得る限り最高の人達に協力してもらうことができました」と語る。この公演や独楽劇場のことなどを、今春からmola!ライターとして参加する独楽劇場管理人の寺井よしみに聞いた。

ー独楽劇場の沿革や現在の運営状況などをお聞かせください。

2011年6月にオープン。今年の6月で6周年を迎えます。最大収容人数100人ほどの小劇場・ライブハウスです。ほぼ毎週末、演劇や音楽、ダンスや寄席など多彩なイベントを開催しています。
また、夜は駄菓子BARとしてオープン。レンタルスペースとして、演劇やバンドの練習。ダンスの練習などにも貸し出しています。ジャズダンス教室も毎週開催しています。楽しいことが大好きな人たちが集う場所となっています。

ー「フォルクテイル」はどのような団体ですか?

劇場と銘打っているものの、最近の独楽劇場は、演劇公演が少なく、音楽イベントが多い傾向にあります。劇場というからには、気軽に演劇を楽しみ、気軽に劇場に足を運んで頂く場所にしていきたいという想いがありました。そんなことをスタッフ間で話していましたら、自然に、「それならば独楽劇場スタッフを中心に劇団を作ろう」という声があがりまして、旗揚げ公演をすることになりました。肩肘張らずに、一杯飲みながら、食べながら、楽しんで頂ける企画としていきたいと思い、企画名を“独楽劇場のシアターバー”とし、劇団名は、童話や昔話を意味する「フォルクテイル」としました。主に、童話や昔話を題材に取り上げ、それだけにはこだわりませんが、独楽劇場駄菓子BARの店長である中野俊太郎を座長とし、演劇公演を定期的に独楽劇場で開催する予定です。メンバーは、独楽劇場スタッフです。普段はバーテンダーや、音響、照明スタッフ、イベント企画をやっているメンバーです。それぞれに、独楽劇場の仕事を離れたところで、役者、ミュージシャンなどの別の顔を持っています。それぞれの得意なこと、やりたいことを生かしつつ、みんなが無理なく楽しくやりつづけていこうと思っています。独楽劇場に来たらいつも何か楽しいことをやっている。そんな場にしていきたいと思っています。

独楽劇場のシアターバー「フォルクテイル」旗揚げ公演

ー旗揚げ公演の内容についてお聞かせください。

今回の公演は、2本立てです。1本目は、諫早の歴史のお話を2人芝居でお届けします。2本目は『赤ずきん』。童話の赤ずきんのお話をもとに、中野俊太郎が書き下ろしました。客演に、原田佳奈さん、F’s Companyの小山正平さん、劇団ヒロシ軍の中村幸さんに来ていただきます。稽古場の雰囲気もよく、いい芝居になりそうな予感です!

ー諫早という土地や、「諫早の演劇」に関して感じることや思うことを教えてください。

諫早は、長崎県のほぼ中央に位置する人口137,000人ほどの地方都市です。今年結成10周年を迎える劇団ヒロシ軍の拠点でもあります。もともとは、演劇が盛んな土地ではありませんでしたが、劇団ヒロシ軍の制作部として発足したエヌケースリードリームプロ(代表:渡邉享介)を中心に、現在、諫早市内で様々な演劇活動に取り組んでいます。少しずつ、市民の方に、演劇というものへの理解や輪が広がりつつあると感じています。将来的には、九州の西の演劇の盛んな街として、皆様に認知されるようになると確信しています。どうぞ皆様、諫早に遊びに来てくださーい!

ー「1drink+駄菓子食べ放題つき」とのことですが、駄菓子が食べ放題とはどういうことでしょうか?

諫早独楽劇場は、「駄菓子BAR」を火~日曜の20時から通常営業しています。駄菓子をつまみにお酒を飲むBARでご好評いただいています。演劇を観るついでに、お酒と、もちろんソフトドリンクやノンアルコール飲料でもOKです! 駄菓子食べ放題で楽しんでいただき、公演がないときにも「独楽劇場に遊びにいこう!」というお客様を増やしたいと思っています。人気駄菓子は、うまい棒シリーズ、ポテトフライ、ビッグカツ、味カレー、さくらんぼ、ブタメン…などなど。懐かしい駄菓子食べながら、みなさん、他のお客様とも会話がはずんで、知らない人とも、お友だちになって帰られる方が多いですね。

ー最後に一言お願いします!

アットホームな劇場、小屋にしていきたいと思っていますので、用事がなくても、お気軽に遊びにきてくださいね! お待ちしております!

上演作品は以下の通り。

①二人芝居『千々石ミゲルの謎~墓石発見~』
作:渡邉享介
4月21日(金)出演:中野俊太郎(フォルクテイル)、小山正平(F’sCompany)
  22日(土)出演:渡邉享介、山本安佳里(以上、梅とチーズ)

②フォルクテイル『赤ずきん』
作・演出:中野俊太郎(フォルクテイル)
出演:瞳美(フォルクテイル)、中村幸(劇団ヒロシ軍)、小山正平(F’sCompany)、原田佳奈

料金は1,500円(1drink+駄菓子食べ放題つき)。

予約・お問い合わせはフォルクテイル090-5920-4812(キムラ)、nk3dreampro@gmail.comまで。


独楽劇場のシアターバー「フォルクテイル」旗揚げ公演

日時:2017年4月21日(金)20:30
        22日(土)20:30
会場:諫早独楽劇場(諫早市八天町15-4KGビル2F)
料金:1,500円(1drink+駄菓子食べ放題つき)

【関連サイト】
諫早独楽劇場(Facebook)
諫早独楽劇場(Twitter)
エヌケースリードリームプロ

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

LINEで送る
Pocket