ロマサガが高い美術性と本格派アクションとなって初の舞台化

2017.04.17

30-DELUX SQUARE ENIX Special Theater『ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~』(世界観監修・脚本原案:河津秋敏(スクウェア・エニックス)、脚本:とちぼり木(スクウェア・エニックス)、演出:米山和仁)が5月6日(土)~7日(日)、久留米市六ツ門町の久留米シティプラザ ザ・グランドホールで上演される。

30-DELUX SQUARE ENIX Special Theater『ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~』

黒き星が太陽を蝕む―死食―
その年に生まれた命は、
人も獣も魔物でさえも死に絶える。

三度目の死食に襲われてから十余年。
すでに世界は魔界の王侯―四魔貴族―の侵入を許し、
動乱の時を迎えていた。

そして今、
救世の使命を負う者たちがロアーヌの地に結集する。
ひとりは領主としての責務を果たすため、
ひとりは愛する妹を守るため…。

だが彼らの前に立ち塞がるは最強の魔貴族、
天空の支配者ビューネイであった。

「サガ」シリーズは、株式会社スクウェア(現:株式会社スクウェア・エニックス)から発売されたロールプレイングゲーム。初作品となる「魔界塔士サ・ガ」は1989年12月にゲームボーイ初のRPGとして発売され、スクウェア初のミリオンセラーを記録、携帯ゲーム用RPGの新境地を開いた。スーパーファミコン向けソフトの「ロマンシング サ・ガ」シリーズは総数約300万本以上の大ヒット作品となり、同社の代表的ゲームである「ファイナルファンタジー」シリーズと肩を並べる人気を得ている。現在、シリーズは14作を数え、パッケージゲームの全世界累計出荷本数は990万本に達している大人気のゲームである。本作は1995年に発売された「ロマンシング サ・ガ3」がベースとなっている。

出演は、清水順二、緒月遠麻、中村誠治郎、馬場良馬、村瀬文宣、長谷川かすみ、山本ひかる、新垣里沙/笠松はる/佐藤アツヒロほか。

チケットは、ゲームオリジナルイラストレーションパンフレット(上演台本付き)の特典付きS席が10,800円、S席8,800円、A席7,800円。久留米シティプラザピクニックチケットセンター、チケットぴあ(Pコード:455-714)、ローソンチケット(Lコード:39000)、e+での取り扱い。

お問い合わせはピクニックチケットセンター050-3539-8330(平日11:00〜17:00)まで。


30-DELUX SQUARE ENIX Special Theater
『ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~』

世界観監修・脚本原案:河津秋敏(スクウェア・エニックス)
脚本:とちぼり木(スクウェア・エニックス)
演出:米山和仁
日時:2017年5月6日(土)17:30
        7日(日)12:00
会場:久留米シティプラザ ザ・グランドホール(久留米市六ツ門町8-1)
料金:特典付きS席10,800円(当日販売なし)
   S席8,800円
   A席7,800円

【関連サイト】
30-DELUX SQUARE ENIX Special Theater『ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~』特設サイト
サガオフィシャルサイト
ピクニック『ロマンシング・サガ』公演詳細ページ

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

LINEで送る
Pocket