【駐在員H注目】劇団きらら『はたらいたさるの話』東京・宮崎ツアー

2017.05.06

劇団きらら(熊本)が『はたらいたさるの話』(作・演出:池田美樹)を5月19日(金)~21日(日)に東京都北区王子の花まる学習会王子小劇場で、5月27日(土)~28日(日)に北諸県郡三股町大字樺山の三股町立文化会館で上演する。

劇団きらら『はたらいたさるの話』

劇団きららは1985年の結成以降、熊本市を中心に活動。一貫して、劇団代表で作・演出を担当する池田美樹のオリジナル作品を上演している。近年では2015年、『ぼくの、おばさん』が平成27年度希望の大地の戯曲「北海道戯曲賞」優秀賞受賞。同年同作品が2015年佐藤佐吉賞の作品・主演女優賞の各部門にて優秀賞受賞、脚本部門にて最優秀賞を受賞2016年佐藤佐吉賞では、『ガムガムファイター』が、作品・脚本・主演男優・助演男優賞の各部門にて優秀賞を受賞している。

今回上演する『はたらいたさるの話』(作・演出:池田美樹)は、2016年熊本・福岡で初演。今回は再演で、初演時と同じ出演メンバーが再結集する。

東京公演では終演後、池田美樹がホストを務めるアフタートークも企画されている。ゲストは、19日が劇作家・演出家の横山拓也(iaku)、20日が編集者・演劇ライターで九州演劇界を精力的に取材し続けている大堀久美子。また、会場の花まる学習会王子小劇場芸術監督で劇作家・演出家で鹿児島県出身の北川大輔も、19・20日両日ともゲストとしてトークに参加する。宮崎公演はみまた演劇フェスティバル「まちドラ!2017」参加作品となる。

出演は、オニムラルミ、有門正太郎(飛ぶ劇場)、はまもとゆうか(大帝ポペ)、磯田渉(不思議少年)、池田美樹。

お問い合わせは、東京公演は劇団きららgkirara@jcom.zaq.ne.jp、宮崎公演は三股町立文化会館0986‐51‐3462まで。

【駐在員Hのココに注目】
 劇団きららの作品を初めて観劇したのは、2006年、熊本リージョナルシアターvol.1参加作品として上演された『野生の沸点』でした。
 スピード感ある演出と、熱量のあるセリフの数々に圧倒され、大変おもしろい作品でした。
 余談ですが、その1週間ぐらい後、同じく熊本リージョナルシアター参加作品として上演された、飛ぶ劇場『IRON』を観劇に行った際、開場時に劇団きらら代表・池田美樹さんが場内誘導を行っていました。
 池田さんの前を通るとき、思わず「『野生の沸点』、おもしろかったです!」と声をかけました。その時、池田さんがとても優雅にお辞儀をされて「ありがとうございます!」と答えてくださったのも、とても印象に残っています。
 以後、きららの本公演は欠かさず観劇しており、今回上演される『はたらいたさるの話』の初演も、昨年秋に熊本で観劇させていただきました。
 これまで観たきらら作品のなかでも、特におもしろい作品だったと思います。

 「ちゃんとしよう!」
 「え。」
 「ちゃんと生活して、せめて普通に近づこう!あたしも頑張るけん!」

 「とにかく普通の人の真似してみよう!そして普通の幸せ目指そう!」

 「OLでした。毎日パソコンと格闘してました。覚えてますか、『フロッピー』。」

『はたらいたさるの話』上演台本より

 今回の作品も、池田さんが紡ぐセリフの数々が、心に沁み、また、笑いを生んでいます。
 そして、熊本弁で繰り出されるテンポのよいセリフの応酬のリズムが、とても心地よかったです。

 そして、池田さんの作品には「あがく人」が数多く登場しますが、今回の作品も「あがかずにはいられない衝動」、「あがいた分だけ悪くなる哀しさ」、それでも「あがかなければ何も変わらない」と行動する登場人物たちの姿に、胸を打たれました。

 また、主演のオニムラルミさんの、年齢や生活の困難さからくる不安におびえ、怖気づきながらも、小さな歩みながらも光を求めて止まない主人公の演技が、熊本弁の響きとも合わさって、とても印象的でした。

 有門正太郎さん(飛ぶ劇場)はじめ、客演陣の皆さんの演技もそれぞれ光っていて、見どころが多いと思いました。

 いろいろな意味で、心と目を奪われる作品『はたらいたさるの話』。
 そのタイトルの謎も含め、ぜひ劇場でご覧ください!

文責:九州南部駐在員H


劇団きらら『はたらいたさるの話』

作・演出:池田美樹

【東京公演】
日時:2017年5月19日(金)19:30★
        20日(土)14:00(託児あり)/19:00★
        21日(日)11:00/15:00
   ★アフタートークあり
会場:花まる学習会王子小劇場(東京都北区王子1-14-4 地下1F)
料金:一般3,000円(当日3,300円)
   高校生以下1,000円
   リピーター1,500円(要半券提示)

【宮崎公演】みまた演劇フェスティバル「まちドラ!2017」参加作品
日時:2017年5月27日(土)19:30
        28日(日)16:00
会場:三股町立文化会館(北諸県郡三股町大字樺山3404-2)
料金:一般1,500円
   大学生以下1,000円

【関連サイト】
劇団きらら『はたらいたさるの話』特設サイト

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket