独楽劇場のシアターバー、今月はTOMO拾弐式とのコラボ

2017.05.12

「ミュージックシアターバー with TOMO拾弐式」が5月19日(金)と26日(金)、諫早市八天町の諫早独楽劇場で行われる。

独楽劇場のミュージックシアターバー with TOMO拾弐式

独楽劇場が先月から始めたシアターバーの2回目。今回はミュージシャンTOMO拾弐式(トモジュウニシキ)が生まれ育った諫早を歌った曲「ぼくのまち」をモチーフとして書き上げた脚本『ぼくのまち』の上演と、TOMO拾弐式のライブを行う。独楽劇場のメンバーであり『ぼくのまち』脚本を担当したPAきむらからコメントが届いた。

演劇を上演する「劇場」としての諫早独楽劇場。音楽イベントなどの「ライブハウス」としての諫早独楽劇場。この2つの垣根を取り払おうと始まったのがこの、「ミュージックシアターバー」。役者とミュージシャンではなく、4人のアーティストが素晴らしいエンターテイメントを提供します。駄菓子をお供にお酒を飲みながらゆっくりと独楽劇場らしい空間を楽しんでください。

第1部は『ぼくのまち』(作・演出、PAきむら)。出演は、中野俊太郎(フォルクテイル)田村隆、牧野みどり(Green Dance Studio)。音楽をTOMO拾弐式が担当。第2部はTOMO拾弐式によるLIVE。

チケットは、1drink+駄菓子食べ放題つき1,500円。

予約・お問い合わせはnk3dreampro@gmail.com、090-5920-4812(キムラ)まで。


独楽劇場のミュージックシアターバー with TOMO拾弐式

日時:2017年5月19日(金)20:30
        26日(金)20:30
会場:諫早独楽劇場(諫早市八天町15-4KGビル2F)
料金:1,500円(1drink+駄菓子食べ放題つき)

【関連サイト】
諫早独楽劇場(Facebook)
諫早独楽劇場(Twitter)
エヌケースリードリームプロ

【関連記事】
諫早独楽劇場が仕掛ける演劇プロジェクト

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

LINEで送る
Pocket