震災から1年、雨傘屋がシェイクスピアで再始動

2017.05.28

雨傘屋(熊本)がvol.7『夏の夜の夢』(作:W.シェイクスピア、訳:松岡和子、脚色・演出:天野天街)を6月15日(木)~18日(日)熊本市中央区国府のStudio in.K.で上演する。

雨傘屋 vol.7『夏の夜の夢』

アテネの侯爵シーシアスは婚約者ヒポリタとの婚礼を4日後に控えている。そんな折、貴族イジーアスは、自分の決めた結婚に従おうとしない娘ハーミアについて、シーシアスに相談を持ち掛ける。シーシアスは、ハーミアに父親の決めた相手であるディミートリアスと結婚しなければ、死刑に準ずる処罰を与えると言い渡し、ハーミアは恋人ライサンダーと駆け落ちすることを決意する。
一方、森の中では妖精の王オーベロンと女王ティターニアが養子をめぐる夫婦喧嘩の真っ最中。それに巻き込まれた妖精パックは惚れ薬を使う相手を間違えて、アテネの恋人たちはややこしい四角関係に陥ってしまうが-。

熊本市を拠点に2009年から活動している演劇ユニット、雨傘屋。2011年からは演出に少年王者舘の天野天街を招き、地元のキャスト・スタッフとともに作品を製作・上演している。昨年は熊本地震の影響で公演中止が余儀なくされた。再出発となる今回の公演について、雨傘屋の阿部祐子からコメントが届いた。

2011年から毎年天野天街さんに来熊して頂いて作品を創っています。

去年は、はじめて上演のない年になりました。『青木さん家の奥さん』(作:内藤裕敬)を上演するために熊本に来ていた天野さん含め、メンバーが熊本地震に被災してしまったためです。またいつか同じメンバーで上演しようと話し合い、公演を延期することになりました。

時は流れまして1年後。

今年の雨傘屋結成に向けて動き出しましたが、状況はどんどん変化していきます。地震を経て、メンバーも次のステージに進み、去年と同じメンバー・演目で上演ということが難しくなってきました。思い切ってすべてを一新し、シェイクスピアの人気戯曲を取り上げることに。出演者も雨傘屋では過去最多。色々なことがあった1年でしたが、天野さんが初めて演出するシェイクスピア作品で地震後の新生雨傘屋をスタートしたいと思います。

ぜひ、熊本まで目撃しにおいでくださいませ。
お待ちしております。

稽古風景 過去公演より

出演は、平野浩治(劇団濫觴)、小林夢二(少年王者舘)、椎葉みず穂、松本麻衣子(あったかハートふれあい劇団)、松崎仁美(劇団濫觴)、徳冨敬隆(DOGANG)、コバヤシユカリ、桑路ススム、木内里美(Theちゃぶ台)、結川楓子(DOGANG)、ゆいかわあも(COGANG)、酒井絵莉子(演劇ユニット「」)、馬渡直実(劇団市民舞台)、冨川優、池田美樹(劇団きらら)。

チケットは、前売2,500円(当日3,000円)、高校生以下1,000円(当日1,500円)。予約・前売に限りStudio in.K.「友の会」会員は500円引。CoRichチケット!での取り扱い。

予約・お問い合わせは転回社ink@tenkai.org、080-5289-9734、雨傘屋amagasaya@gmail.com、090-1972-516(担当:あべ)まで。


雨傘屋 vol.7『夏の夜の夢』

作:W.シェイクスピア
訳:松岡和子(ちくま文庫『夏の夜の夢・間違いの喜劇』より)
脚色・演出:天野天街(少年王者舘)
日時2017年6月15日(木)20:00
       16日(金)20:00
       17日(土)14:00/19:00
       18日(日)13:00/18:00
会場:Studio in.K.(熊本市中央区国府1-21-3 ブラザービル3F)
料金:前売2,500円(当日3,000円)
   高校生以下1,000円(当日1,500円)

【関連サイト】
Studio in.K.
雨傘屋(Twitter)
雨傘屋 vol.7『夏の夜の夢』(Facebook)

雨傘屋 vol.7『夏の夜の夢』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

LINEで送る
Pocket