まもなく開演!IGRドラマナイト『ここだけの話』稽古見学レポート

2017.06.28

6月30日(金)~7月1日(土)、薩摩郡さつま町求名のリゾートホテル インターナショナルゴルフリゾート京セラで、週末別荘「IGRドラマナイト」『ここだけの話』(作:高橋いさを)が上演される。

インターナショナルゴルフリゾート京セラ週末別荘「IGRドラマナイト」『ここだけの話』

第一幕は夕方、高橋いさを作『ここだけの話』をそのまま、ホテル内の最上級スイートルームで上演。第二幕は翌朝、『ここだけの話』の後日譚として書かれた同氏の『ハロー・グッドバイ』のシーンを抜粋し、演出の黒田瑞仁が脚色したものを、ホテル内のレストランで上演する。今週末に上演を控え、会場入りした出演のゲッコーパレード(埼玉)の稽古の様子を、南九州駐在員Hがレポートする。

見学したのは、第一幕『ここだけの話』の冒頭、結婚式場から逃げ出してきた花嫁が、妻を持つ男の客室に飛び込んでくるシーン。

一生、こんな豪華な部屋に宿泊することはないだろうというぐらい、広くて豪華で眺めも最高なスイートルームが会場。見学時間は昼間だったが、本番は夕方。部屋からの眺望も含めて楽しみなロケーションだ。

演出の黒田氏の話によると、スイートルームという空間を生かすべく、調度品の位置関係等も試行錯誤しながら稽古を進めているとのこと。観客のみなさんには透明人間のように部屋に溶け込み、役者たちの動きを見守ってもらいたいという。実際、部屋全体を意識し、俳優の立ち位置等もいろいろ変えて試しながら稽古が進められていた。

インターナショナルゴルフリゾート京セラ内のレストラン

インターナショナルゴルフリゾート京セラ内のレストラン

第二幕の会場となるレストランも会場だけ見学したが、リゾートホテルらしい重厚な趣きで、ドラマナイト宿泊者の朝食会場にもなるとのこと。

黒田氏は劇場以外の場所での演出を得意としており、「本物の場のチカラ」に負けない強度の作品をつくろうと演出する姿が印象的だった。普段劇場やホールに通い演劇を見る習慣のない人にとっても、今回「ホテル」という場所での上演ということで、「“演劇”と構えて意識せず、目の前で展開されるその空間を楽しんでもらえたら」と話す。

本番がますます楽しみになる稽古見学だった。

予約・お問い合わせはIGR京セラ予約センター0996-57-0808まで。

文責:九州南部駐在員H


インターナショナルゴルフリゾート京セラ 週末別荘「IGRドラマナイト」『ここだけの話』

作:高橋いさを
演出:黒田端仁
日程:2017年6月30日(金)~7月1日(土)
      7月1日(土)~2日(日)
   ※上演はチェックイン時の16:30と翌日の8:30
   ※1泊2日限定25組50名
会場:インターナショナルゴルフリゾート京セラ(鹿児島県薩摩郡さつま町求名6122)
料金:ツインルーム1室2名利用15,000円(1名)
   ※1名1室利用時は19,000円

【関連サイト】
週末別荘「IGRドラマナイト」『ここだけの話』
ゲッコーパレード
ゲッコーパレード(Facebook)
ゲッコーパレード(Twitter)

【関連記事】
鹿児島のリゾートホテルが、宿泊×観劇パック販売

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket