総合創作団体Kimamass、2年ぶりの新作公演はロボットがテーマ

2017.07.05

総合創作団体Kimamass(長崎)が第2回演劇公演『それまでのきみを、』(作・演出:浅野宇泰)を7月29日(土)〜30日(日)、長崎市宝町の宝町ポケットシアターで上演する。

総合創作団体Kimamass 第2回演劇公演『それまでのきみを、』

日本に新たな暦が生まれ
15年が経ったある日

進藤智美は帰宅間際
自宅近くで不法に捨てられた
『ソルト』と呼ばれる家庭用ロボットを発見した
ソルトを自宅に持ち帰った智美は
ソルトに詳しい友人あかねに相談を持ちかける
次第に明らかになって行くソルトの過去
上空、暗雲に包まれてーー

長崎市を拠点に、演劇だけでなく、文芸・プログラミング・作曲・デザインなど、幅広く行っている総合創作団体Kimamass。2年ぶりの新作『それまでのきみを、』は、ロボットが欠かせない未来から想像を膨らませた作品。本作の作・演出を務める浅野宇泰からコメントが届いた。

近年は私たちの生活圏、携帯ショップからホテルなど接客等の業務に近い作業を行う人型のロボットの存在が少しずつ台頭してきて注目を浴びている様子です。
現代人の夢想する未来にはロボットの存在が欠かせないのではないのでしょうか。

「容姿はもっと人に近づいてるのかな?」
「僕の仕事とか奪われないかな」
「電気代かさんだりしたらやだな…」
「彼女の代わりになってくれるかな?」
「ごはんも作ってくれるといいなあ」
「ポケットから便利な道具は出て来るのかな?」

理想の未来は人それぞれですが、今回は「もし野良ロボットを拾ったら」をテーマに作ってみました。
総合創作団体Kimamassの2年ぶり2度目となる公演は、現代ともわずかに異なる世界でのちょっとした未来予想図的お芝居です。

出演は、浅野宇泰、峰絵里菜、三浦杏佳(映像出演)、篠崎雅(F’s Company)、前川くるみ(フリー)。

チケットは一般2,000円(当日2,500円)、学生1,500円(当日2,000円)。

お問い合わせはsupport@kimamass.com、080-6407-6766(浅野)まで。


総合創作団体Kimamass 第2回演劇公演『それまでのきみを、』

作・演出:浅野宇泰
日時:2017年7月29日(土)18:00
        30日(日)14:00/18:00
会場:宝町ポケットシアター(長崎市宝町5-25 2F)
料金:一般2,000円(当日2,500円)
   学生1,500円(当日2,000円)

【関連サイト】
総合創作団体Kimamass
総合創作団体Kimamass(Facebook)

総合創作団体Kimamass 第2回演劇公演『それまでのきみを、』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket