今年も最強の一人芝居フェスティバルがやってくる!

2017.07.20

最強の一人芝居フェスティバル『INDEPENDENT:FUK17』が8月5日(土)~6日(日)、福岡市博多区祇園町のぽんプラザホールで行われる。

INDEPENDENT:FUK17

2001年に初開催されて以降、じわじわとその勢力を拡大している最強の一人芝居フェスティバル『INDEPENDENT』。今年もすでに全国各地で開催される。福岡公演を直前に控え、このイベントを統括する相内唯史プロデューサーに、これまでのINDEPENDENTや今回のINDEPENDENTについて聞いた。

ーこれまでのインディペンデントについて教えてください。

九州では、2011年の全国ツアーで初めて上陸し、翌2012年から九州地域版として継続的に開催しています。昨年は全国ツアーの年で地域版としてはお休みだったので、今年が5回目になります。一つの節目になる年に、最初にINDEPENDENTが上陸したぽんプラザホールに帰って来れたのは嬉しいですね。

『楽屋から』招聘作品 from沖縄

ー今回の福岡公演の特色などはありますか?

出演者の方々の幅が広がっています。これまでINDEPENDENTにご縁の無かった方たちにも参戦してもらい、新たな発見と出会いを期待しています。公募の応募作品数自体が多くて、選びきれず、本当は九州から4作品の予定が5作品になりました。熱い想いで挑戦してくれる人たちの作品をお客様にしっかりお届けしたいですね。

ーすでに各地で開催されていますが、どのような状況ですか?

今年は、これまで地域版を開催してきた札幌・仙台・東海・福岡・沖縄に加えて長野県上田市に初上陸しました。長野県単独での開催ですから、参戦作品や集客など不安もたくさんありましたが、日本中どこへでも面白い一人芝居を求め・面白い一人芝居を持って行くのがINDEPENDENTですから、挑戦してきました。結果的には長野全域から出演者や観客が集まって頂けて、盛況に終了しました。また、今年は札幌や仙台などこれまで開催してきたところでも、動員を伸ばしていて、昨年の全国ツアーの影響と少しずつ積み重ねてきた事の結果を感じています。ここ福岡でも弾みをつけたいですね!

ー北九州の葉山太司さんが福岡公演ではなく、名古屋公演などに参加(※1)していますが参加の経緯などをお聞かせください。

今回のFUK17には参加していませんが、昨年の全国ツアー福岡公演で地域参加作品として大迫くんと『そのころ』を創って頂きました。正直、昨年夏の時点では作品の完成度がもう一歩だったのですが、非常に可能性を感じる作品だったので、ブラッシュアップしてその秋の大阪に参戦してもらいました。観客からも高い評価を受けて、僕もご一緒できて本当に良かったと思います。その成果で、今年は上田と名古屋から招聘されています。短期的な視野ではなく、作品の可能性を信じて場を創るプロデューサーの仕事冥利に尽きます。もちろん大迫くんと葉山さんの努力と実力あっての事ですが。

『もしもし』招聘作品 from大阪

ーmola!をチェックしてる方へメッセージをお願いします。

一人芝居って、この企画がスタートした17年前はあまり挑戦する人が居なくて珍しかったり難しかったりしたものですが、最近では色々な場所で色々な方が挑戦しています。少なくとも関西ではINDEPENDENTがその道を切り開いてきました。九州に限らず、全国でも多くの人が一人芝居に挑戦し、そこで得た経験を自身の演劇活動にフィードバックして、より豊かな創造の場が広がって行くことを期待し応援していきたいと思います。まずは、一度その挑戦の場に足を運んで下さい。想像以上に刺激的で過酷で、でも楽しい時間と空間がそこにあります。たった一人で全てを背負い舞台に立つ俳優たちの覚悟を是非体感して下さい。劇場でお待ちしています!

※1)北九州の葉山太司さんが福岡公演ではなく、名古屋公演などに参加
葉山太司(飛ぶ劇場)が『INDEPENDENT:3rdSeasonSelection/JAPANTOUR』福岡公演で『そのころ』(作・演出:大迫旭洋(不思議少年))を上演。その作品を引っさげINDEPENDENT:NGY17、INDEPENDENT inUEDAに参加した。


今回の上演作品は以下の通り。

[a]『もうそうするしかない』
脚本・演出:福永郁央(あなピグモ捕獲団)
出演:大竹謙作(あなピグモ捕獲団)

[b]『ノノなのノノもの』
脚本・演出:雪見周平(劇団コックピット)
出演:せとよしの(アートユニット豆小僧◎)

[c]『鉄の掟』
脚本・演出:白濱隆次(謎のモダン館)
出演:竹口耕輔(謎のモダン館)

[d]『ROYALDESTINATION-さすらえロンリーボーイ!-』
脚本・演出:重松輝紀(バカダミアン)
出演:寺川長(大帝ポペ)

[e]『女の子は』
脚本・演出:椎木樹人(万能グローブガラパゴスダイナモス)
出演:山崎瑞穂(万能グローブガラパゴスダイナモス)

[f]『楽屋から』招聘作品 from沖縄
出演・脚本・演出:犬養憲子(演劇きかく「満福中枢」)
共同演出:大浜暢裕(ハイトラッド)

[g]『もしもし』招聘作品 from大阪
脚本・演出:中野守(中野劇団)
出演:福田恵(劇団レトルト内閣)

チケットは、1ブロック券前売1,800円(当日2,000円)、1日通し券前売2,500円(当日2,800円)。『INDEPENDENT:FUK17』予約フォームから予約可能。

お問い合わせはインディペンデントシアター06-6635-1777、fuk@independent-fes.comまで。


最強の一人芝居フェスティバル『INDEPENDENT:FUK17』

日時:2017年8月5日(土)16:00[e][d][g]/18:30[c][b][a][f]
        6日(日)13:00[c][b][a][f]/16:00[e][d][g]
会場:ぽんプラザホール(福岡市博多区祇園町8-3)
料金:1ブロック券前売1,800円(当日2,000円)
   1日通し券前売2,500円(当日2,800円)

【関連サイト】
最強の一人芝居フェスティバル『INDEPENDENT』
最強の一人芝居フェスティバル『INDEPENDENT』(Facebook)
インディペンデントシアター(Twitter)

【関連記事】
最強の一人芝居フェスティバルが福岡で

INDEPENDENT:FUK17

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket