宮崎県劇トライアル・シアター第2弾は「ことば:如月小春×身体表現:森下真樹」

2017.08.04

トライアル・シアター2017『都会の生活』(原作:如月小春、構成・振付・演出:森下真樹)が8月26日(土)〜27日(日)、宮崎市船塚のメディキット県民文化センター 演劇ホール舞台上舞台で上演される。

トライアル・シアター2017『都会の生活』

「トライアル・シアター」は、舞台芸術界のトップクリエイターが宮崎に滞在し、一般参加の出演者らと、約1週間の創作期間で舞台作品をつくりあげる宮崎県立芸術劇場のシリーズ企画。第2弾となる今回は、舞台の構成・振付・演出に、日本のコンテンポラリーダンス界を牽引する舞踊家の一人・森下真樹を迎える。

テキストは、劇団「NOISE」を率い、劇作家・演出家・エッセイスト・コメンテーター等とマルチに活躍していた如月小春が遺した“ことば”たち。テキストから身体表現の可能性を模索する、刺激に満ちたチャレンジとなる。宮崎県立芸術劇場の広報担当は「ここ宮崎でしか観られない舞台表現に、どうぞご期待ください」と語る。メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)公式Facebookでは、これまでの事前稽古のレポートも掲載されている。

出演は、大谷憲史、小倉鉄夫、片山敦郎(FLAG/富む平原)、片山優花、川越彩子、久保田杏海(FLAG)、黒田吉郎、佐田麻佑花、島田理央(みやざき演劇若手の会)、進藤綾乃(みやざき演劇若手の会)、平真子(宮崎公立大学演劇部)、林田真依(みやざき演劇若手の会)、松山章子、宮本日温、吉田達哉(宮崎大宮高校演劇部)。6月に開催されたオーディションの選抜メンバーとなる。

チケットは一般1,500円(当日2,000円)、U25割1,000円(前売当日共通)。

お問い合わせは宮崎県立芸術劇場0985-28-3208まで。


トライアル・シアター2017『都会の生活』

原作:如月小春
構成・振付・演出:森下真樹
日時:2017年8月26日(土)19:00
        27日(日)14:00※
   ※アフタートークあり
会場:メディキット県民文化センター 演劇ホール舞台上舞台(宮崎市船塚3-210)
料金:一般1,500円(当日2,000円)
   U25割1,000円(前売当日共通)

【関連サイト】
メディキット県民文化センター トライアル・シアター2017『都会の生活』公演詳細ページ

トライアル・シアター2017『都会の生活』

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

文責:九州南部駐在員H

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket