舞台芸術に新たなアプローチ続ける空想工藝舎、第二弾は「演劇×衣装」

2017.08.27

空想工藝舎(福岡)がartwork#02 Live sewing『或る国の短篇繍』(構成・衣装:中村歩道)を9月2日(土)~3日(日)、福岡市博多区祇園町のぽんプラザホールで上演する。

不思議なことがふしぎなままでいられる不思議な仕立て屋「blanche」で語られるいくつかの国のお話。

4月に『トランス』(作:鴻上尚史)を上演した空想工藝舎が、上演中に衣装の制作を行ない作品の結末と共に衣装もできあがるという、「演劇×衣装」という一風変わったコンセプトの短篇作品を上演する。

出演は、富田文子、安部さきよ、針生あかり​​(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)、仲藤涼花、田坂哲郎(非・売れ線系ビーナス)、早樋寛貴(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)、長沼里佳、神村玲加、​隠塚詩織(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)。​

チケットは、一般2,500円(当日3,000円)、ペア4,200円(要予約)、中村歩道がオーダーメイドで作成する帽子付きcmチケット4,000円(オリジナル帽子付きチケット、先着5名、要予約)。『或る国の短篇繍』チケット予約フォームでの取り扱い。

お問い合わせは空想工藝舎コンタクトフォームまで。


空想工藝舎artwork#02 Live sewing『或る国の短篇繍』

構成・衣装:中村歩道
日時:2017年9月2日(土)19:30
        3日(日)15:00
会場:ぽんプラザホール(福岡市博多区祇園町8-3)
料金:一般2,500円(当日3,000円)
   ペア4,200円
   cmチケット4,000円

【関連サイト】
空想工藝舎
空想工藝舎(Facebook)
空想工藝舎(Twitter)

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket