長崎で個性的な演劇ワークショップ2本開催

2017.08.31

長崎で個性的な演劇ワークショップが2本開催される。

9月15日(金)~9月18日(月・祝)に佐世保市三浦町のアルカスSASEBOで行われるのは、アルカス演劇さーくる「岩井秀人の演劇体験ワークショップ」。ハイバイ(東京)代表の岩井秀人が講師を務め、高校生~30代までのヤングチームと40~60代までのアダルトチームに2チームに別れた演劇ワークショップを開催する。最終日には作品発表と岩井秀人のアフタートークも。

申し込みは本日が締め切り。お問い合わせはアルカスSASEBO 0956-42-1111、info@arkas.or.jpまで。

9月24日(日)には、長崎市茂里町の長崎ブリックホールで劇団太陽族(大阪)主宰でアイホールディレクターの岩崎正裕が講師を務める「家族で参加する演劇ワークショップ」が行われる。未経験者も参加可能。大人と子どもが力を合わせて自分たちの演劇を創り上げる。

申し込みは9月8日(金)締め切り。お問い合わせは文化観光部文化振興課095-842-3782まで。


アルカス演劇さーくる「岩井秀人の演劇体験ワークショップ」

日程:2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)
会場:アルカスSASEBO リハーサル室(佐世保市三浦町2-3)
対象:高校生~60代

「家族で参加する演劇ワークショップ」

日時:2017年9月24日(日)10:00〜12:00
場所:長崎ブリックホール 2階リハーサル室(長崎市茂里町2-38)
対象:小学生と保護者の組み合わせ

【関連サイト】
アルカスSASEBO「岩井秀人の演劇体験ワークショップ」
長崎市「家族で参加する演劇ワークショップ」

※情報は変わる場合がございます。正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket